コイバ島(読み)コイバとう(英語表記)Isla Coiba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイバ島
コイバとう
Isla Coiba

パナマ西部南岸沖約 30kmの太平洋上にある島。別称キボ Quibo島。アスエロ半島の西に位置し,北西のチリキ湾と東のモンティホ湾を分ける。パナマ最大の島で,面積約 500km2。地形は丘陵性で最高点は 400m以上に達する。刑務所,測候所が設置されている。 2005年,島を含むコイバ国立公園と周辺の海洋保護特別地域が世界遺産の自然遺産に登録された。人口 1783 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コイバ‐とう〔‐タウ〕【コイバ島】

La isla de Coiba》パナマ南西部の沖合約30キロメートル、太平洋にある島。同国の島の中で最大の面積をもつ。スペイン植民地時代まで先住民が居住。20世紀に流刑地となった。深い森林に覆われ、周囲をサンゴ礁に囲まれる。島全体は国立公園、周辺海域は海洋保護区に指定。2005年、「コイバ国立公園とその海洋特別保護地域」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コイバ島
こいばとう
Ilha de Coiba

中央アメリカ、パナマの南西岸から30キロメートル沖合いの太平洋に浮かぶ島。パナマ最大の島で、長さ32キロメートル、幅21キロメートル、面積約470平方キロメートル。全島山がちで密林に覆われている。人口約1万。パナマ経済の中心であるパナマ湾沿岸地域から、アスエロ半島を隔てているので遠いせいもあり、開発は進んでいない。[今野修平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android