コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイバ島 コイバとうIsla Coiba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイバ島
コイバとう
Isla Coiba

パナマ西部南岸沖約 30kmの太平洋上にある島。別称キボ Quibo島。アスエロ半島の西に位置し,北西のチリキ湾と東のモンティホ湾を分ける。パナマ最大の島で,面積約 500km2。地形は丘陵性で最高点は 400m以上に達する。刑務所,測候所が設置されている。 2005年,島を含むコイバ国立公園と周辺の海洋保護特別地域が世界遺産の自然遺産に登録された。人口 1783 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コイバ島
こいばとう
Ilha de Coiba

中央アメリカ、パナマの南西岸から30キロメートル沖合いの太平洋に浮かぶ島。パナマ最大の島で、長さ32キロメートル、幅21キロメートル、面積約470平方キロメートル。全島山がちで密林に覆われている。人口約1万。パナマ経済の中心であるパナマ湾沿岸地域から、アスエロ半島を隔てているので遠いせいもあり、開発は進んでいない。[今野修平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コイバ島の関連キーワードコイバ国立公園とその海洋保護特別地帯パナマ(国)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android