コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウモリカズラ Siberian moonseed

2件 の用語解説(コウモリカズラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コウモリカズラ【Siberian moonseed】

山地に普通なツヅラフジ科の落葉つる性木本(イラスト)。雌雄異株。全体無毛。葉は互生,腎円形で3~7浅裂し,下面やや白色をおびる。葉は縦状。葉の形がコウモリに似ているところから,コウモリカズラの名がある。5~6月,円錐花序に多数の花をつける。萼片6枚,花弁9~10枚でらせん状に配列。雄花ではおしべ20本,葯は4裂する。雌花ではめしべ3~4本。核果は腎臓形で黒紫色に熟す。北海道,本州,四国,九州と広く分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウモリカズラ
こうもりかずら / 蝙蝠葛
[学]Menispermum dauricum DC.

ツヅラフジ科の落葉藤本(とうほん)。雌雄異株。葉は互生、葉柄は盾状につく。葉身は腎(じん)円形、3~7浅裂する。5~6月、葉腋(ようえき)から出る小形の円錐(えんすい)花序に小さな淡黄色の花をつける。萼片(がくへん)は6枚、花弁は9~10枚。雄花には雄しべ20本、雌花には3~4枚の心皮がある。核果は黒く熟す。和名は、葉がコウモリの翼の形に似ているところからつけられた。中国では根および茎を民間薬として用いる。北海道、本州、四国、九州の山地に生育し、朝鮮半島、中国、シベリア東部にも分布する。コウモリカズラ属は3種あり、北アメリカに1種、メキシコに1種知られる。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コウモリカズラの関連キーワード青葛青葛藤大葛藤蝙蝠葛葛箙夏藤かみえび葛切付夏黄櫨蓮の葉葛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone