コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コキクガシラコウモリ こきくがしらこうもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コキクガシラコウモリ

キクガシラコウモリ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コキクガシラコウモリ
こきくがしらこうもり / 小菊頭蝙蝠
Japanese lesser horseshoe bat
[学]Rhinolophus cornutus

哺乳(ほにゅう)綱翼手目キクガシラコウモリ科の動物。日本特産種で、北海道、本州、四国、九州、佐渡、対馬(つしま)、壱岐(いき)、伊豆七島、奄美(あまみ)大島に分布し、おもに洞窟(どうくつ)、廃坑などに数頭から数百頭の群れで生息する。前腕長38.5~41ミリメートル、頭胴長42~46ミリメートル。キクガシラコウモリR. ferrumequinumに似るが、ずっと小形で、下唇が4葉に分かれる。体色は灰褐色である。出産時に雌だけが洞窟に集まり、哺乳期の幼児はその天井に密集して幼児集団を形成し、母親は幼児を置いて採食行動をする。翼は比較的幅広く、低空を飛んで、小形の昆虫を捕食する。沖縄本島とそれ以南には別種がいる。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコキクガシラコウモリの言及

【キクガシラコウモリ】より

…旧世界だけから知られ,ユーラシア,アフリカ,オーストラリアの亜熱帯,熱帯に分布し,約70種がある。日本には体長4.2cmほど,前腕長3.8cmほどの小型のコキクガシラコウモリR.cornutus,体長4.5cm,前腕長4.3cmほどの中型のイリオモテキクガシラコウモリR.imaizumii,体長6.7cm,前腕長6.1cmほどの大型のキクガシラコウモリR.ferrumequinum(イラスト)の3種がいる。コキクガシラコウモリは国内では北海道から本州,四国,九州を経て奄美大島まで,キクガシラコウモリは同じく屋久島まで,イリオモテキクガシラコウモリは石垣島,西表島に限産する。…

※「コキクガシラコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コキクガシラコウモリの関連キーワードイリオモテキクガシラコウモリモモジロコウモリ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コキクガシラコウモリの関連情報