コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コキクガシラコウモリ こきくがしらこうもり

2件 の用語解説(コキクガシラコウモリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コキクガシラコウモリ
コキクガシラコウモリ

キクガシラコウモリ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コキクガシラコウモリ
こきくがしらこうもり / 小菊頭蝙蝠
Japanese lesser horseshoe bat
[学]Rhinolophus cornutus

哺乳(ほにゅう)綱翼手目キクガシラコウモリ科の動物。日本特産種で、北海道、本州、四国、九州、佐渡、対馬(つしま)、壱岐(いき)、伊豆七島、奄美(あまみ)大島に分布し、おもに洞窟(どうくつ)、廃坑などに数頭から数百頭の群れで生息する。前腕長38.5~41ミリメートル、頭胴長42~46ミリメートル。キクガシラコウモリR. ferrumequinumに似るが、ずっと小形で、下唇が4葉に分かれる。体色は灰褐色である。出産時に雌だけが洞窟に集まり、哺乳期の幼児はその天井に密集して幼児集団を形成し、母親は幼児を置いて採食行動をする。翼は比較的幅広く、低空を飛んで、小形の昆虫を捕食する。沖縄本島とそれ以南には別種がいる。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコキクガシラコウモリの言及

【キクガシラコウモリ】より

…旧世界だけから知られ,ユーラシア,アフリカ,オーストラリアの亜熱帯,熱帯に分布し,約70種がある。日本には体長4.2cmほど,前腕長3.8cmほどの小型のコキクガシラコウモリR.cornutus,体長4.5cm,前腕長4.3cmほどの中型のイリオモテキクガシラコウモリR.imaizumii,体長6.7cm,前腕長6.1cmほどの大型のキクガシラコウモリR.ferrumequinum(イラスト)の3種がいる。コキクガシラコウモリは国内では北海道から本州,四国,九州を経て奄美大島まで,キクガシラコウモリは同じく屋久島まで,イリオモテキクガシラコウモリは石垣島,西表島に限産する。…

※「コキクガシラコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コキクガシラコウモリの関連情報