コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コジャノメ Mycalesis francisca

2件 の用語解説(コジャノメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コジャノメ【Mycalesis francisca】

翅の表面によく目だつ眼状紋をもった鱗翅目ジャノメチョウ科の昆虫。ヒマラヤから中国,台湾,朝鮮半島を経て日本に分布する。日本では本州から九州にかけて見られる。同属のヒメジャノメよりも陰地性で樹林の内部で生活する。一般に年2回発生し,春型は5~6月ころ,夏型は7~8月ころ羽化する。開張4.5~5.5cm。成虫は翅を閉じたままの姿勢を保ち,一定のリズムで跳躍するように地上近くを低く飛び,樹林の下生えや落葉の上にとまる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コジャノメ
こじゃのめ / 小蛇目蝶
lilacine bushbrown
[学]Mycalesis francisca

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。本州、四国、九州に分布。北海道、対馬(つしま)および種子島(たねがしま)、屋久島(やくしま)以南の南西諸島には分布しない。本州における分布北限は岩手県中部。外国では朝鮮半島南部、台湾、中国、ベトナム北部、タイ、ミャンマー(ビルマ)、ヒマラヤなどに産し、典型的な西部中国系の分布を示す種。はねの開張は50ミリメートル内外。はねは黒褐色、前翅(ばね)の表面に大小2個の眼状紋、後ろ翅は雄では無紋、雌では1個の眼状紋がある。ヒメジャノメに似るが色彩はより濃色。暖地では年3回の発生、5月より現れる。幼虫の食草はチヂミザサ、ススキ、アシボソ、アブラススキなどのイネ科植物であるが、タケ・ササ類も食べる。越冬態は幼虫である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コジャノメの関連キーワード鱗翅類樟蚕駄津肌砂文車山繭大水青蛾境膜雨滴跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone