コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタバル コタバルKota Baru

3件 の用語解説(コタバルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コタ‐バル(Kota Baru)

インドネシア東端の港湾都市ジャヤプラの旧称。

コタ‐バル(Kota Bharu)

マレーシア、マレー半島東岸の都市。クランタン州の州都。南シナ海に面し、ケランタン川の河口に位置する。イスラム教徒マレー人が多く居住。銀細工や織物などの伝統工芸が盛んで、博物館が多い。太平洋戦争初期、日本軍のマレー半島上陸作戦の舞台となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コタバルの関連情報