コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタバル Kota Baru

デジタル大辞泉の解説

コタ‐バル(Kota Baru)

インドネシア東端の港湾都市ジャヤプラ旧称

コタ‐バル(Kota Bharu)

マレーシア、マレー半島東岸の都市。クランタン州州都南シナ海に面し、ケランタン川河口に位置する。イスラム教徒マレー人が多く居住。銀細工や織物などの伝統工芸が盛んで、博物館が多い。太平洋戦争初期、日本軍のマレー半島上陸作戦の舞台となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コタバル【Kota Bharu】

マレーシア、マレー半島北東端部にある都市。サラサ染色や銀細工が盛ん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

コタバルの関連キーワードパンタイチャハヤブランアジア・太平洋戦争ランタウパンジャンイスタナジャハールイスタナバトゥマレーの戦いケランタン州マラヤ鉄道コタバルーマレーシアマレー作戦中村研一

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コタバルの関連情報