コッド[岬](読み)コッド

百科事典マイペディアの解説

コッド[岬]【コッド】

ケープ・コッドCape Codとも。米国,マサチューセッツ州南東部の半島。大西洋に突出する砂嘴(さし)で,長さ100km,幅2〜30kmの鎌形をし,ケープ・コッド湾をいだき,基部にケープ・コッド運河がある。一帯は国定の海岸公園。1620年メーフラワー号に乗ったピルグリム・ファーザーズ上陸の地。名は沖合でとれるタラ(コッド)にちなむ。
→関連項目マサチューセッツ[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コッド[岬]【Cape Cod】

アメリカ合衆国マサチューセッツ州南東部,大西洋に鉤形に突き出ている半島先端の。おもに海流の作用によって形成されたこの半島は低平であるが,砂丘や低い丘陵,湖などもある。1602年,イギリスの探検家バーソロミュー・ゴズノールドがこの地に到達し,付近にタラが豊富であったことから〈コッド(タラの意)岬〉と名づけられた。19世紀後半までは漁業,製塩が盛んであったが,現在は観光とクランベリーの栽培がおもな産業である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android