コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナカイガラムシ コナカイガラムシPseudococcidae; mealybug

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コナカイガラムシ
Pseudococcidae; mealybug

半翅目同翅亜目コナカイガラムシ科に属する昆虫の総称。体は白色,粉状の軟らかいろう質分泌物でおおわれ,2齢幼虫を過ぎても歩行するものが多い。体長は 1.5~8mmであるが,3mm程度のものが普通。一般に雌成虫は楕円形で,短い肢部と触角があり歩行できるが,一部のものでは肢部は退化消失する。虫体は刺激されると,赤色ないし橙色の体液を分泌する。クワコナカイガラムシ Pseudococcus comstocki,オオワタコナカイガラムシ Phenacoccus perganderi,ミカンコナカイガラムシ Planococcus citriなど,害虫として知られるものが多くある。防除には,薬剤のほか,天敵の寄生バチを人工的に増殖して使用することがある。 (→同翅類 , 半翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コナカイガラムシ【mealybug】

半翅目コナカイガラムシ科Pseudococcidaeの昆虫の総称。日本から約60種が記録され,その多くが果樹,植木,観葉植物などの害虫として知られる。ふつう,体表は白色・粉状の蠟質分泌物で覆われるのでこの名がある。雌雄異形で,雄成虫は1対の翅を備えるが,雌は無翅。楕円~長楕円形で体長は通常3~5mmくらい。ほとんどの種は終生脚を有し,歩行,移動が可能。葉面,果実,枝,幹などのほか,イネ科植物の葉鞘(ようしよう)下に寄生する種や,根に寄生するネコナカイガラムシ類,土中に生活してアリと共生するアリノタカラカイガラムシなどもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コナカイガラムシ
こなかいがらむし / 粉貝殻虫
mealy bugs

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目コナカイガラムシ科Pseudococcidaeの昆虫の総称。雌成虫は硬いろう質などで覆われることなく、軟らかい白ろうなどの分泌物に覆われる。この点でほかのカイガラムシ類と区別される。幼虫は2齢以降も動き回るものが多い。クワコナカイガラムシ、ミカンコナカイガラムシ、オオワタコナカイガラムシなど著名な害虫が多い。これらの防除には、農薬のほかに、天敵である寄生バチを世界各国で用いている。日本では、クワコナカイガラムシに対して、有力な天敵であるクワコナカイガラヤドリバチを多数放し飼いし、生物農薬として利用している。これはクワコナバチという生物農薬名で登録され、市販もされている。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コナカイガラムシの関連キーワードオオワタコナカイガラムシカイガラムシ(介殻虫)コチニールカイガラムシクワコナコバチ蜜柑姫粉介殻虫蜜柑根粉介殻虫稲根粉介殻虫蜜柑粉介殻虫竹白尾介殻虫背条粉介殻虫長尾粉介殻虫大綿粉介殻虫トビコバチ桑粉介殻虫藤粉介殻虫竹節介殻虫蟻宝介殻虫粉介殻虫生物農薬粉貝殻虫

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android