コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナベーション コナベーション conurbation

翻訳|conurbation

2件 の用語解説(コナベーションの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コナベーション
コナベーション
conurbation

二つ以上の都市の市街地が拡大発展し,やがて連続した一つの都市域となったもの。連接都市連合都市ともいう。イギリスの都市学者パトリックゲッディスの造語。たとえばイギリス北東岸ニューカッスルアポンタインを中心としてタイン川流域に連続するものをタインサイド・コナベーションと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コナベーション
こなべーしょん
conurbation

イギリスの都市学者ゲデスP. Geddesの造語。かつては連合都市、連接都市、連檐(れんたん)都市などと訳された。本来別の都市である複数の市街地が、都市化の進展とともに発達拡大して連続的となった場合をいう。また、巨大都市の発展によって、その周辺に存在する別の中小都市が飲み込まれ連続的となるような場合をもいう。門司(もじ)、小倉(こくら)、八幡(やはた)、戸畑、若松の5市が合併した北九州市の場合は前者、東京を中心とする京浜・京葉地域や大阪を中心とする阪神地域の場合は後者である。ただし、イギリスでは大都市圏metropolitan areaとほとんど同義に用いられることも多く、ロンドン・コナベーションとはロンドン大都市圏のことである。なお、広域都市圏とコナベーションとはかなり類似した面がみられるが、コナベーションは複数の都市市街地が連続している場合を意味するものであるのに対し、広域都市圏は中心となる市街とその影響圏、勢力圏内に含まれる小都市や田園地帯をも一括していうもので、市街地が連続しているとは限らない。[高野史男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コナベーションの関連キーワード今池合成スプロール現象兼帯コナーベーション市街地相乗多元併売インナー・シティ問題

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone