コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸畑 トバタ

4件 の用語解説(戸畑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とばた【戸畑】

福岡県北九州市の区名。筑豊炭の積み出し港、漁港として発展。製鉄・水産加工業などが盛ん。飛幡(とばた)の浦。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とばた【戸畑】

福岡県北九州市の区。人口6万6203(1995)。北は響(ひびき)灘,西は洞海湾に面し,古くは鳥旗,飛幡と書かれた。1924年戸畑市市制,63年北九州市の市制施行に伴い戸畑区となる。もと小漁村であったが,1901年南隣の八幡に官営八幡製鉄所が操業を開始したのを機に築港が行われ,02年には鉄道(現,鹿児島本線)も開通して筑豊炭の積出港,また関連工業地域として発展した。29年には共同漁業(現,日本水産)のトロール漁業基地が開設され,九州有数の水産都市としても繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とばた【戸畑】

福岡県北九州市の区の一。洞海湾に面する工業港湾地区。筑豊炭田の石炭積出港として発展、またトロール船の基地。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸畑
とばた

福岡県北九州市中北部に位置する地区。1924年(大正13)市制施行。1963年(昭和38)5市合併による北九州市の設置により区制を施行、戸畑区となる。古くは「飛幡」「鳥旗」とも書かれた小農漁村であったが、官営八幡(やはた)製鉄所の1901年(明治34)操業開始により関連企業が進出、戸畑港の築港、九州鉄道(のち鹿児島本線)の開通などで工業化が進行した。港は若松(わかまつ)港に次ぐ筑豊(ちくほう)炭の積出し港として急速に発達、1929年(昭和4)日本水産の下関(しものせき)からの移転に伴い、日本有数の遠洋トロール漁業の基地としても発展を遂げた。区域の北半分は響灘(ひびきなだ)と洞海(どうかい)湾の埋立地で、現在の新日鉄住金八幡製鉄所をはじめ、日本水産、東洋製缶、旭硝子(あさひガラス)などの大工場が進出、北九州工業地帯の中核として金属工業と食品工業に特徴があり、九州工大前駅北側には、産業支援団地である北九州テクノパークが建設されている。
 中心街は戸畑駅周辺に広がっているが、小倉(こくら)、黒崎(くろさき)の二大商業中心に挟まれているため商業活動はあまり振るわず、駅前再開発により、新しい複合商業施設や複合公共施設(ウェルとばた)が開設された。南部は第三紀層の小丘陵が緩やかに起伏し、ほとんどが住宅地化されているため農業はほとんど行われず、沿岸漁業も海岸部の埋立てで消滅した。1962年に完成した若戸(わかと)大橋は洞海湾を隔てた若松と戸畑を結ぶために4年余の年月をかけて建設された総延長2068メートルの大吊橋(つりばし)で、観光名所となっているが、市営の渡し船も残されている。南部の金比羅(こんぴら)公園や夜宮(よみや)公園は数少ない住民の憩いの場である。夜宮公園の近くに国の天然記念物でわが国最大の珪化(けいか)木と国の重要文化財の旧松本家住宅があり、また市の南端には美術の森公園と北九州市立美術館がある。7月末に行われる戸畑祇園(ぎおん)は提灯(ちょうちん)309個を積み重ねた大山笠(やまがさ)で有名で、国の重要無形民俗文化財に指定されている。[石黒正紀]
『『戸畑市史』(1961・戸畑市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸畑の関連情報