コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コニシキソウ(小錦草) コニシキソウEuphorbia supina Rafin.

世界大百科事典 第2版の解説

コニシキソウ【コニシキソウ(小錦草) Euphorbia supina Rafin.】

1895年に牧野富太郎が東京と横浜で発見した北アメリカ原産の帰化植物で,現在では日本全国の畑地や路傍にごく普通にみられるトウダイグサ科の小型の一年草(イラスト)。暗赤色の細い茎が分枝しながら地上をはう。互生する長さ1cm弱の小さな葉の中央に,暗赤色の斑があるのが特徴。傷つけると白い乳液を出す。花期は7~10月ころ。花は赤褐色で,一つの花のように見えるが,雄花数個と雌花1個からなる小さな花序である。種子は水を吸うと粘り,靴などに付着して運ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コニシキソウ(小錦草)の関連キーワード日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android