コバルト60(読み)コバルトろくじゅう(英語表記)cobalt 60

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コバルト60
コバルトろくじゅう
cobalt 60

コバルトの人工放射性同位体の一つ。コバルトに中性子照射をして得られる。半減期 5.25年でβ壊変して安定なニッケルの同位体ニッケル 60となる。同時に 1.173MeV (メガ電子ボルト) および 1.332MeVの強いγ線を放出するので,γ線源として広く用いられる。工業上はX線に代わって非破壊検査化学繊維フィルム改質に用いられるほか,殺菌,植物の品種改良に広く利用されている。医療面でもラジウムに代わって癌治療などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコバルト60の言及

【コバルト】より

…【柳田 充弘】
[放射性コバルト]
 コバルトには10の放射性同位体があり,すべて人工的につくられる。そのなかで代表的なコバルト6060Coは天然の非放射性の59Coを中性子照射して得られるもので,5.26年の半減期でβ崩壊し60Niとなり,ついでエネルギーの高い2本のγ線を放出する。半減期が適当に長いこと,透過性の高いγ線を放出することから種々の照射線源として利用される。…

※「コバルト60」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android