コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブウシ

百科事典マイペディアの解説

コブウシ

ゼビュー,肩峰(けんぽう)牛とも。偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の哺乳(ほにゅう)類。肩の大きな肉瘤(にくりゅう)が特徴。角は大きく上方に伸び,耳はたれている。体質強健で,熱帯性の風土病に強く,粗食に耐えるため,東南アジア,インド,パキスタン〜アフリカで飼われ,乳用,役用とされる。
→関連項目ウシ(牛)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コブウシ
こぶうし / 瘤牛
zebu

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。肩に肩峰(けんぽう)といわれる隆起(こぶ)のある熱帯種のゼビューの俗称で、たくさんの品種がある。また、インドのウシはすべてゼビューであることからインドウシともいう。赤道を挟んで北緯・南緯各30度、年間平均気温20~22℃以上の地域に広く分布する。起源は古く、紀元前3000年ごろにインドにみいだされ、アフリカに紀元前に導入されている。大きさは品種によりさまざまで、雄の肩高1.3~1.5メートル、体重390~500キログラムほどである。耐暑性、抗病性を保持し、熱帯適応力が高いので、南北アメリカおよびオセアニアに19世紀以降に育種素材として導入され、現在では熱帯アジア、熱帯アフリカ、アメリカ合衆国南部、オーストラリア北部、中央・南アメリカ諸国で利用されている。栄養状態のよいウシの肩峰の中には脂肪が蓄積され、飼料不足に耐える用意がある。胸から腹にかけて巨大な肉垂れが深く垂れ下がり、皮膚は弛緩(しかん)している。作業能力が高く、役用として使われるほか、乳用、インド以外では肉用にも利用される。毛色は灰白色のものが多く、角(つの)は品種により多様で、耳は大きく垂れている。[西田恂子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コブウシの関連キーワードヤギュウ(野牛)シースターン地方インダス文明モーリタニアウシ(牛)インドウシウガンダネパール小人瘤牛ムーア人カエディゼビュー肩峰牛黄牛犎牛