コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプリック斑 コプリックはんKoplick's spots

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプリック斑
コプリックはん
Koplick's spots

麻疹 (はしか) 患者の大部分に現れる頬粘膜の斑点。臼歯に対する部分に境界明瞭なやや隆起した粘膜疹ができる。皮疹よりも早く約2日前に現れるので,早期診断の手掛りになっている。猩紅熱風疹ではこれが出ない。アメリカの小児科医 H.コプリック (1858~1927) が 1896年に記載した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コプリック‐はん【コプリック斑】

麻疹(はしか)のとき、発病後2、3日して、ほおの内側にできる粟(あわ)粒大の白色の水疱(すいほう)。米国の医師コプリック(H.Koplik)が発見。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コプリックはん【コプリック斑】

ほおの内側や歯肉などに生じる紅いふちどりのある白斑。麻疹の経過中にあらわれる症状。 〔アメリカの小児科医コプリック(H. Koplik1858~1927)が発見〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のコプリック斑の言及

【はしか】より

…以上のような経過をとるが,初めに発熱して咳や結膜の充血が激しい時期をカタル期,いったん解熱してまもなく再び発熱し,発疹のみられる時期を発疹期,発疹が色素沈着となり平熱となった時期を回復期と呼んでいる。カタル期の終りころにほおの粘膜の臼歯に面する部分に細かい白い斑点がいくつか出現するが,これはコプリック斑Koplik’s spotsと呼ばれ,はしかに特異的である。コプリック斑は70~95%の患児にみられ,著しい場合は口腔粘膜全体に広がることもある。…

※「コプリック斑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コプリック斑の関連キーワードヘンリー コプリックはしか(麻疹)麻疹

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android