コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペ コペ Coppée, François

4件 の用語解説(コペの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペ
コペ
Coppée, François

[生]1842.1.26. パリ
[没]1908.5.23. パリ
フランスの詩人,劇作家。貧しい家に生れ,陸軍省,上院図書館,フランス座に勤めるかたわら,早くから高踏派の詩人たちと交わり,1866年処女詩集『聖遺物匣 (こう) 』 Le Reliquaireを出版。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コペ

フランスの詩人,劇作家。高踏派の詩人として登場。パリに生まれ,その裏町の生活を歌った《仲間うち》《つつましい人々》で知られる。ほかに処女詩集《聖遺物匣(こう)》,一幕物韻文劇《行人》,小説《散文短編集》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コペ【François Coppée】

1842‐1908
フランスの詩人,劇作家。処女詩集《聖遺物匣》(1866)によって高踏派詩人として登場,次いで韻文劇《行人》(1869)によって出演女優サラ・ベルナールともども一躍有名となったが,劇作家としてはむしろロマン派の伝統に忠実であった。詩人としての彼の本領は,その高踏派的出発にもかかわらず,《つつましい人々》(1872)以降の詩集にもうかがえるように,彼自身貧しい家庭に育ったパリジャンとして,パリの場末や郊外に見られる庶民生活の哀歓を,深い共感を秘めつつ淡々とした親しみ深い写実的な描写によってよくとらえ得た点にこそ認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コペ【François Coppée】

1842~1908) フランスの詩人・劇作家。パリの場末の庶民生活をうたった。詩「貧しき人々」、韻文劇「行人」など。コペー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コペの関連キーワード高安月郊サマンスタフビルドラックボワロールコントドリールコペーブエノスアイレスの熱狂デ・ラ・メアルーマニーユ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コペの関連情報