コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペ Coppée, François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペ
Coppée, François

[生]1842.1.26. パリ
[没]1908.5.23. パリ
フランスの詩人劇作家。貧しい家に生れ,陸軍省,上院図書館,フランス座に勤めるかたわら,早くから高踏派の詩人たちと交わり,1866年処女詩集『聖遺物匣 (こう) 』 Le Reliquaireを出版。ロマン主義の伝統に忠実な詩劇行人』 Le Passant (1869) がサラ・ベルナール主演で上演され名声を得た。以後,庶民の生活と感情を素朴に描き出した詩や劇を次々と発表し,そのやや古風で感傷的なスタイルで大いに人気を博した。代表作は詩集『貧しき人々』 Les Humbles (72) 。ほかに『物語とエレジー』 Récits et élégies (78) ,詩劇『王位のために』 Pour la couronne (95) など。アカデミー・フランセーズ会員 (84) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コペ

フランスの詩人,劇作家。高踏派の詩人として登場。パリに生まれ,その裏町の生活を歌った《仲間うち》《つつましい人々》で知られる。ほかに処女詩集《聖遺物匣(こう)》,一幕物韻文劇《行人》,小説《散文短編集》など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コペ【François Coppée】

1842‐1908
フランスの詩人,劇作家。処女詩集《聖遺物匣》(1866)によって高踏派詩人として登場,次いで韻文劇《行人》(1869)によって出演女優サラ・ベルナールともども一躍有名となったが,劇作家としてはむしろロマン派の伝統に忠実であった。詩人としての彼の本領は,その高踏派的出発にもかかわらず,《つつましい人々》(1872)以降の詩集にもうかがえるように,彼自身貧しい家庭に育ったパリジャンとして,パリの場末や郊外に見られる庶民生活の哀歓を,深い共感を秘めつつ淡々とした親しみ深い写実的な描写によってよくとらえ得た点にこそ認められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コペ【François Coppée】

1842~1908) フランスの詩人・劇作家。パリの場末の庶民生活をうたった。詩「貧しき人々」、韻文劇「行人」など。コペー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コペの関連キーワードヤコブセン(Arne Jacobsen)カール ウェーセンブルグ・ルンドヴィルヘルム ハンマースホイニールス・ヤニセン ビェルムニールス・H.D. ボーアS.E. ストレムグレーンハンス・C.J. グラムオーゲ・ニールス ボーアベン・ロイ モッテルソンアルフォンス ルメールコペンハーゲン国際空港ルイス イェルムスレウコペンハーゲンブルービョルン ロンボルグ天球の回転についてフレデリックスベルビルケト=スミットヤニック ビェルムマンファルーティースロッツホルメン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android