コメガヤ(英語表記)mountain melic

世界大百科事典 第2版の解説

コメガヤ【mountain melic】

山地の林の下にやや普通な,風情のあるイネ科多年草(イラスト)。米茅こめがや)や異名の米(すずめのこめ)の名は,白くて目をひく丸っこい小穂を米に見立てたものである。ややゆるい株を作り,細い走出を出す。葉は線形で,長さ20cmに達し,表面は濃い緑色である。は細く,短くはった基部から立ち上がり,初夏にその上部に長さ10cm内外の円錐花序を出す。花序は円錐であるが,枝が非常に短く,糸状の柄のついた小穂が片側傾き垂れるので,片側の総状に見え,美しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメガヤ
こめがや / 米茅
[学]Melica nutans L.

イネ科(APG分類:イネ科)の多年草。稈(かん)は細く直立し、高さ40~80センチメートル。8~9月、稈の先に総状花序をつけ、細い柄の先に小穂が下垂し、一方に偏ってつく。小穂は楕円(だえん)形で、数個の小花をつけ、上方の退化した小花は中性で棍棒(こんぼう)状。包穎(ほうえい)は護穎より短く、護穎の背面は円い。北海道から九州にかけての山地林内に生え、ユーラシア大陸の温帯にも広く分布する。名は、退化した小花が白緑色で米粒にみえることによる。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android