コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメガヤ mountain melic

2件 の用語解説(コメガヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コメガヤ【mountain melic】

山地の林の下にやや普通な,風情のあるイネ科の多年草イラスト)。米茅(こめがや)や異名の雀の米(すずめのこめ)の名は,白くて目をひく丸っこい小穂を米に見立てたものである。ややゆるい株を作り,細い走出枝を出す。葉は線形で,長さ20cmに達し,表面は濃い緑色である。茎は細く,短くはった基部から立ち上がり,初夏にその上部に長さ10cm内外の円錐花序を出す。花序は円錐であるが,枝が非常に短く,糸状の柄のついた小穂が片側に傾き垂れるので,片側の総状に見え,美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメガヤ
こめがや / 米茅
[学]Melica nutans L.

イネ科の多年草。稈(かん)は細く直立し、高さ40~80センチメートル。8~9月、稈の先に総状花序をつけ、細い柄の先に小穂が下垂し、一方に偏ってつく。小穂は楕円(だえん)形で、数個の小花をつけ、上方の退化した小花は中性で棍棒(こんぼう)状。包穎(ほうえい)は護穎より短く、護穎の背面は円い。北海道から九州にかけての山地林内に生え、ユーラシア大陸の温帯にも広く分布する。名は、退化した小花が白緑色で米粒にみえることによる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コメガヤの関連キーワード艶美下木稚児百合風趣宝鐸草類葉升麻輪違草亀甲羽熊米茅にやつ・く

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone