コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモチカナヘビ Zootoca vivipara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモチカナヘビ
Zootoca vivipara

トカゲ目カナヘビ科。体長 15cm内外。普通のカナヘビに比べて体が太く短く,尾もそれほど長くない。体は灰褐色地に黒色条や斑点がある。ユーラシア大陸の北部に広く分布し,日本では北海道北部に産する。草地にも林にもすみ,卵胎生であることでよく知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コモチカナヘビ【common lizard】

カナヘビ科のトカゲ(イラスト)。南部を除くヨーロッパ大部分からシベリアを経てアムール地方,サハリンに至る広域に分布し,北海道北西部のサロベツ原野にも生息している。スカンジナビア半島では北極圏北緯70゜まで達し,爬虫類としてはもっとも寒冷の地域にまで分布している。これは輸卵管に卵をもった親が,暖かい場所を選択して移動するという卵胎生の利点により,従来生息が困難とされる寒い地方にも適応できたのであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモチカナヘビ
こもちかなへび
viviparous lizard
[学]Lacerta vivipara

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目カナヘビ科のトカゲ。ヨーロッパ中部からシベリア、北海道北部に広く分布する。全長18センチメートル、卵胎生で7~9月ごろ4~10匹の子を産むが、ヨーロッパ南部のピレネー地方では卵で産む。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコモチカナヘビの言及

【カナヘビ】より

…【松井 孝爾】。。…

【カナヘビ】より

…アオカナヘビに似るがやや大きく,体背面はカナヘビ属のように大型鱗で覆われず,細鱗が密に分布する。コモチカナヘビ属Lacertaとカベカナヘビ属Podarcisはヨーロッパ全域とアフリカ北部に広く分布し,緑色や褐色の美しい模様をもつものが多い。大半は卵生で,少数が卵胎生。…

※「コモチカナヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コモチカナヘビの関連キーワード旧北区

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android