コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモチカナヘビ コモチカナヘビZootoca vivipara

3件 の用語解説(コモチカナヘビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモチカナヘビ
コモチカナヘビ
Zootoca vivipara

トカゲ目カナヘビ科。体長 15cm内外。普通のカナヘビに比べて体が太く短く,尾もそれほど長くない。体は灰褐色地に黒色条や斑点がある。ユーラシア大陸の北部に広く分布し,日本では北海道北部に産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コモチカナヘビ【common lizard】

カナヘビ科のトカゲイラスト)。南部を除くヨーロッパの大部分からシベリアを経てアムール地方,サハリンに至る広域に分布し,北海道北西部のサロベツ原野にも生息している。スカンジナビア半島では北極圏の北緯70゜まで達し,爬虫類としてはもっとも寒冷の地域にまで分布している。これは輸卵管に卵をもった親が,暖かい場所を選択して移動するという卵胎生の利点により,従来生息が困難とされる寒い地方にも適応できたのであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモチカナヘビ
こもちかなへび
viviparous lizard
[学]Lacerta vivipara

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目カナヘビ科のトカゲ。ヨーロッパ中部からシベリア、北海道北部に広く分布する。全長18センチメートル、卵胎生で7~9月ごろ4~10匹の子を産むが、ヨーロッパ南部のピレネー地方では卵で産む。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコモチカナヘビの言及

【カナヘビ】より

…【松井 孝爾】。。…

【カナヘビ】より

…アオカナヘビに似るがやや大きく,体背面はカナヘビ属のように大型鱗で覆われず,細鱗が密に分布する。コモチカナヘビ属Lacertaとカベカナヘビ属Podarcisはヨーロッパ全域とアフリカ北部に広く分布し,緑色や褐色の美しい模様をもつものが多い。大半は卵生で,少数が卵胎生。…

※「コモチカナヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コモチカナヘビの関連キーワード丹波市産の竜脚類松葉杏琉輸入冷凍エビの価格高騰アカニシアゼムシロアーティチョークアフリカマイマイアメフラシアルメリアアンゴラウサギ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone