コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリント様式 コリントヨウシキ

2件 の用語解説(コリント様式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コリント‐ようしき〔‐ヤウシキ〕【コリント様式】

コリント式」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリント様式
こりんとようしき

古代ギリシア美術の装飾様式。建築ではドーリス様式イオニア様式と並ぶギリシアの三柱式の一つ。優美なアカンサス文様の柱頭装飾が特徴。全般にイオニア様式に類似しているが、いっそう優美で華麗である。建築では紀元前5世紀に初めてこの様式が現れるが、その華麗な様式は以後ギリシア人ローマ人に好まれ、多くの神殿や記念堂を飾った。
 他方、コリント様式という名称は、前8世紀末から前6世紀中期にかけてコリントで制作された陶器をさす場合もある。初期のプロトコリント陶器に対して、前7世紀以降は獅子(しし)やスフィンクスなどの動物をモチーフとしたものが多く、これらの絵付(えつけ)には紫や暗紅色など独特の色が用いられている。[前田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コリント様式の関連情報