コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルサコフ病(読み)コルサコフびょう

百科事典マイペディアの解説

コルサコフ病【コルサコフびょう】

慢性アルコール中毒性精神病のうちコルサコフ症候群を示すもの。コルサコフ症候群はその他各種薬物中毒,糖尿病老人性認知症(痴呆(ちほう))などに伴ってみられる精神症状群で,記銘力障害,見当識障害(場所・時間・人を正しく判断できなくなる),作話(ありもしない作り話をする)の3症状から成り立つ。この症状群をもつ患者は一見思慮分別があるように思われるが,長く話していると,時々の事象,周囲の出来事を間違えたり,知人を忘れたりし,その記憶の欠陥を作り話で補おうとする。この症状を初めて記載したロシアの神経学者S.S.コルサコフ〔1854-1900〕にちなんでこの名称が与えられた。
→関連項目記憶障害作話症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android