コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルチ器 コルチき

百科事典マイペディアの解説

コルチ器【コルチき】

脊椎動物の内耳蝸牛(かぎゅう)内の基底膜の上にある音の感受器官。蝸牛に従って螺旋(らせん)状に曲がっているので,螺旋器ともいう。音を感受する細胞と,これをささえる支持細胞からなり,前者は先端に細毛をもって管腔に出しているので有毛細胞ともいわれ,聴神経の枝が連絡している。
→関連項目蝸牛

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルチ器
コルチき

ラセン器」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルチ器
こるちき

の蝸牛(かぎゅう)内にある感覚上皮で、きわめて鋭敏な器官。解剖学名ではラセン器という。コルチの名は、イタリアの解剖学者Marchese Alfonso Corti(1822―76)が発見したことによる。側頭骨岩様部内にある内耳は、複雑な形の骨性迷路と、その中に位置するほぼ同型の膜性迷路からなっているが、膜性迷路が巻き貝のように螺旋(らせん)状に巻き上がっているのが蝸牛である。蝸牛の内部は上下の前庭階と鼓室階、さらに両者に挟まれた蝸牛管が全長にわたって走る。蝸牛管の底をつくっているのが基底板で、コルチ器はこの上にのっている上皮性細胞群である。音波は蝸牛管内の内リンパを介してこれら上皮細胞群を刺激し、ここに分布する蝸牛神経によって脳に伝達される。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコルチ器の言及

【聴覚】より

… 前庭階にはまた,薄いライスネル膜により,断面が三角形の蝸牛管cochlear duct(cochlear canal)がつくられ,これもらせん状に巻いている。中央階とも呼ばれるこの部分は,膜迷路の一部で,内部は内リンパで満たされ,底面をなす基底膜の上には,聴覚器であるコルチ器Corti’s organがのっている。コルチ器には感覚細胞である内・外有毛細胞があり,前者は1列,後者は3列に細胞が並び,蝸牛管の全長にわたる。…

【耳】より

…前庭階は,前庭窓(卵円窓ともいう)を介して中耳と接し,蝸牛階は蝸牛窓(正円窓ともいう)を介して中耳に接する。 中央階の基底膜上には感覚細胞の集りであるらせん器(コルチ器ともいう)がある(図4)。らせん器は有毛細胞と支持細胞から成り,有毛細胞はコルチトンネルを境にして内,外の有毛細胞に分かれる。…

※「コルチ器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルチ器の関連キーワード蝸牛(内耳)迷路振盪症機械受容器コルティ器哺乳類脳神経聴覚器聞く難聴聴覚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android