コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレア コレア Correa, Rafael

3件 の用語解説(コレアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレア
コレア
Correa, Rafael

[生]1963.4.6. グアヤキル
エクアドルの政治家,経済学者。大統領(在任 2007~ )。フルネーム Rafael Correa Delgado。奨学金を得て名門サンホセラ・サール高校に学び,教会のボランティアとして 1年間,コトパクシ州ケチュア語を話す先住民の教育に携わった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コレア Correia, Duarte

?-1639 ポルトガルの船長。
寛永14年来日。日本人宣教師トマス=デ=サン=アウグスチノ(通称は金鍔(きんつば)次兵衛)を援助したことが離日のときにわかり,逮捕される。2年後の寛永16年4月26日火刑となる。牢内で島原の乱についての見聞をかく。この報告はマカオにおくられ,1643年リスボンで刊行された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

コレア

没年:寛永16.4.26(1639.5.28)
生年:1596頃
ポルトガル人船長。寛永14(1637)年来日。帰航の際,宣教師への援助が発覚し,長崎奉行に捕らえられ,大村牢に2年間拘禁されたのち,長崎で火刑に処せられた。大村牢中で島原の乱についての見聞を記し,牢内からひそかにマカオのイエズス会宣教師アントニオ・カルディンに報告を送った。天草四郎が肥後(熊本県)の生まれで霊名ジェロニモと称したことや,島原藩主松倉氏の苛政の実態,乱の発端,苛政を隠すためキリシタン一揆としたことなどが記されている。この報告は寛永20年リスボンで出版され,日本では昭和24(1949)年木村毅により翻訳,出版された。<参考文献>岡田章雄『天草時貞』,海老沢有道『天草四郎』

(村井早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コレアの関連キーワードポルトガル文学ポルトセグーロポルトガルワインポルトガル・ポインターブラジルとポルトガルポルト(ポート)ソート=マヨール《ポルトガル人東方旅行記》《ポルトガル人のソネット》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コレアの関連情報