コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレイン酸

世界大百科事典 第2版の解説

コレインさん【コレイン酸 choleic acid】

胆汁酸の一つデオキシコール酸は種々の有機化合物と安定な化合物を作るが,これらの化合物を総称してコレイン酸と呼ぶ。コレイン酸の中性塩は界面活性剤の性質を持つので脂溶性(難水溶性)の有機化合物の水溶化に利用される。コレイン酸が脂溶性物質の体内への吸収形態であると考えられたこともあったが現在では否定されている。【柳田 充弘】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android