コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンソーシアム・バンク consortium bank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンソーシアム・バンク
consortium bank

リスクを分散させつつ大規模な資金需要に対応するために,多くの場合国籍を異にする銀行が株主となって設立した銀行のこと。その最初の例は 1964年設立の Midland and International Banks Limited;MAIBLで,ミッドランド銀行 (イギリス) ほか3行がユーロ資金を吸収して,英連邦の企業に対して中長期の資金を供給することを目的として設立したものである。コンソーシアム・バンクはこの後ヨーロッパおよび日本の銀行などにより多数設立されている。日本の銀行のみにより設立されているコンソーシアム・バンクには欧州東京銀行などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android