コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンチェルト・グロッソ concerto grosso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンチェルト・グロッソ
concerto grosso

「大きなコンチェルト」の意。一般に,「合奏協奏曲」と訳す。バロック時代の最も重要な器楽曲の形式の一つで,いくつかの独奏楽器から成る小楽器群 (コンチェルティーノ) と,より大きな合奏群 (リピエーノ) のための楽曲をいう。編成や音色の対比効果に基づく音楽で,イタリアのコレリビバルディによって確立され,バッハの『ブランデンブルク協奏曲』で発展の極に達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコンチェルト・グロッソの言及

【協奏曲】より


[種類]
 協奏曲の種類は独奏楽器の数と種別によって分けられる。器楽協奏曲のうち,歴史的に最も古いのは合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソconcerto grosso)で,三つ以上の楽器を含む独奏群(これは元来〈小協奏部〉コンチェルティーノconcertinoと呼ばれた)と弦楽またはそれを主体とする合奏群(これは元来〈大協奏部〉concerto grossoと呼ばれた)とからなり,両者のあいだで音量や音色の対比が求められる。これに対して,18世紀の中ごろから主流を占めるのが単一の独奏楽器とオーケストラからなる独奏協奏曲(ソロ・コンチェルトsolo concerto)で,独奏楽器の種別に応じてピアノ協奏曲,バイオリン協奏曲,フルート協奏曲などと呼ばれる。…

※「コンチェルト・グロッソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コンチェルト・グロッソの関連キーワードボレスワフ シャベルスキイーゴリ マルケビッチバロック音楽マルティヌーストラデラロカテリ協奏曲トレリ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンチェルト・グロッソの関連情報