コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーサラ国 コーサラこくKosala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーサラ国
コーサラこく
Kosala

前6世紀,インドのガンジス川中流域 (現ウッタルプラデーシュ州北東部) に栄えた王国。十六大国の一つ。プラセーナジット (波斯匿) 王のとき,この地方で最も有力な国となった。彼はブッダの熱心な信者となり,首都シュラーバスティー (舎衛城) はブッダがたびたび説法をしたので有名。彼の晩年にはマガダ国が強力となり,次のビドゥーダバのときにマガダ国に滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーサラ国
こーさらこく
Kosala

ガンジス川中流の北岸にあった古代インドの王国。後期ベーダ時代(前1000ころ~前600ころ)に興り、初めアヨーディヤーを都とした。叙事詩『ラーマーヤナ』の主人公ラーマはこの国に出たと伝えられる。紀元前6世紀にはシュラーバスティー(舎衛城(しゃえいじょう))に都を置き、一六大国の一つとして栄えたが、前5世紀初めごろ南東隣のマガダ国に滅ぼされた。コーサラ国王のプラセーナジット(波斯匿(はしのく))はブッダの庇護(ひご)者として知られる。ブッダがしばしば滞在した祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)は、都のシュラーバスティーにあった。[山崎元一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コーサラ国の関連キーワード西・南アジア史(年表)カピラバストゥダシャラタ王バッツァ王国ビンビサーラ韋提希夫人祇陀太子祇園精舎インド史ニンニク波羅奈国波斯匿王コーサラシャカ族ナガラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android