コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コートジボワール内戦 こーとじぼわーるないせん

2件 の用語解説(コートジボワール内戦の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

コートジボワール内戦

1960年の独立以来初めて起こった内戦。2002年9月19日、退役予定の兵士たちが突如、南部のアビジャン、中部のブアケ、北部のコロゴで同時に武装決起し、政府要人邸や軍事基地、警察署を襲い、多くの死傷者を出した。戦闘は、北部・中部全体に拡大。同年10月、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)が調停に入り、反乱軍のコートジボワール愛国運動(MPCI)との間に休戦協定が成立した。しかし、大統領辞任、憲法改正、大統領の再選挙を掲げるMPCIと政府との交渉は難航し、03年1月、パリ近郊で全主要政党とMPCIとの会議が開かれ、5月、バグボ現大統領の留任、領土の一体制、外国軍監視下での反乱軍の武装解除、反乱軍側に閣僚ポストを与える挙国一致内閣の樹立、で合意した。その後も北西部は反政府勢力が支配し、対立は続いた。同年4月と7月、南アフリカの仲介によりバグボ大統領と反政府組織のギョーム・ソロの和平会談が行われたが、反乱軍の武装解除は進まず、05年10月に予定された大統領、議会選挙は延期された。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コートジボワール内戦

マリ、ブルキナファソなど周辺諸国から同国北西部に移り住んだ住民に対し、バグボ大統領が排外的な政策を取ったのがきっかけ。02年9月、軍人ら750人がアビジャンやブアケで蜂起したのをきっかけに全土が内戦状態になった。現在は国を二分する緩衝地帯が設けられ、国連平和維持部隊とフランス軍が監視を続けている。双方は05年6月に武装解除で合意したが実施しなかった。国連は今年10月までの大統領選実施をめざし、武装解除を急いでいる。

(2006-06-11 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コートジボワール内戦の関連キーワード御嶽山カサブブ南北戦争市民戦争発祥地開化派KANUシス-トランステストコンゴ大統領選野球の独立リーグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone