コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーラート高原 コーラートこうげん

2件 の用語解説(コーラート高原の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コーラート高原【コーラートこうげん】

タイの東部を占める高原。未開発地で草原,森林が多い。ラオ系民族が多く,ナコーンラーチャシーマー(コーラート)などにクメール文化の遺跡が残る。メコン水系に属し,平均標高100〜200m,土壌貧しく,気候不順。
→関連項目イサーンタイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コーラートこうげん【コーラート高原 Khorat Plateau】

タイ東北部を占める広大な高原。西はドンパヤージェン山脈によって中部平原と,南はドンラック山脈によってカンボジアの平原と画され,北と東はメコン川によってラオスの平原とへだてられている。大部分の地域はメコン川の支流であるムーン川とチー川の流域にあたり,平均標高120~200m。住民の大部分はラオ系民族で,ラオスの人々に近い独自の文化圏を構成している。歴史的にはタイとラオスの間の緩衝地帯にあたり,また南部は古くからクメール文化の影響下にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コーラート高原の関連キーワードアラビア海ギアナ高地北上高地上信越高原国立公園モンゴル帝国味を占める座を占めるソビエト連邦地歩を占める飛騨高地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone