コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーラート高原 コーラートこうげん

百科事典マイペディアの解説

コーラート高原【コーラートこうげん】

タイの東部を占める高原。未開発地で草原,森林が多い。ラオ系民族が多く,ナコーンラーチャシーマー(コーラート)などにクメール文化の遺跡が残る。メコン水系に属し,平均標高100〜200m,土壌貧しく,気候不順。
→関連項目イサーンタイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コーラートこうげん【コーラート高原 Khorat Plateau】

タイ東北部を占める広大な高原。西はドンパヤージェン山脈によって中部平原と,南はドンラック山脈によってカンボジアの平原と画され,北と東はメコン川によってラオスの平原とへだてられている。大部分の地域はメコン川の支流であるムーン川とチー川の流域にあたり,平均標高120~200m。住民の大部分はラオ系民族で,ラオスの人々に近い独自の文化圏を構成している。歴史的にはタイとラオスの間の緩衝地帯にあたり,また南部は古くからクメール文化の影響下にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コーラート高原の関連キーワードウボンラーチャターニーメコン[川]コラート高原クメール族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android