コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーラート高原 コーラートこうげん

百科事典マイペディアの解説

コーラート高原【コーラートこうげん】

タイの東部を占める高原。未開発地で草原,森林が多い。ラオ系民族が多く,ナコーンラーチャシーマー(コーラート)などにクメール文化の遺跡が残る。メコン水系に属し,平均標高100〜200m,土壌貧しく,気候不順。水稲,キャッサバなどが栽培されるが,土壌の侵食や,雨が少ないため生産性は低い。国内で最も貧しく末開発の地域。
→関連項目イサーンタイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コーラートこうげん【コーラート高原 Khorat Plateau】

タイ東北部を占める広大な高原。西はドンパヤージェン山脈によって中部平原と,南はドンラック山脈によってカンボジアの平原と画され,北と東はメコン川によってラオスの平原とへだてられている。大部分の地域はメコン川の支流であるムーン川とチー川の流域にあたり,平均標高120~200m。住民の大部分はラオ系民族で,ラオスの人々に近い独自の文化圏を構成している。歴史的にはタイとラオスの間の緩衝地帯にあたり,また南部は古くからクメール文化の影響下にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

コーラート高原の関連キーワードウボンラーチャターニーコラート高原メコン[川]クメール族

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android