コールオプション

デジタル大辞泉 「コールオプション」の意味・読み・例文・類語

コール‐オプション(call option)

ある一定期日期間の後に、通貨株式商品などを、前もって定めた価格で一定量買う権利。⇔プット‐オプション。→オプション取引

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

株式公開用語辞典 「コールオプション」の解説

コールオプション

オプション取引で、ある商品を将来のある期日までに、その時の市場価格に関係なくあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利を売買する取引のこと。コールオプションの取引は、買方(買うことができる権利を買う)と売方が同時に存在する。新規に取引を開始する際には、買方はプレミアムを支払い、一方売方はプレミアムを受取る。その後決済時等に、買方が権利を行使すると、対象とする商品を権利行使価格で手に入れることができる。一方、売方はこの権利行使に応じなくてはならない

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

会計用語キーワード辞典 「コールオプション」の解説

コールオプション

オプション取引で、その時の市場価格に関係なく、ある商品を将来のある期日までにあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利を売買する取引のことです。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android