コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴイス ゴイス Góis, Damião de

3件 の用語解説(ゴイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴイス
ゴイス
Góis, Damião de

[生]1502.2.2. アレンケール
[没]1574.1.30. アレンケール
ポルトガル人文主義者,年代記作者外交使節としてヨーロッパ各地におもむき,1533年からはエラスムスの知遇を得て学問に専念,34~38年パドバで学び,百科全書的知識を身につけ,P.ベンボらを知った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゴイス【Damião de Góis】

1502‐74
ポルトガル・ルネサンス期の人文主義者。マヌエル1世の外交官として長期にわたってヨーロッパ各地に滞在し,ルターやエラスムスらの人文主義者と親交を結んだ。1545年の帰国後もジョアン3世に仕えて各国から批判されていた香料交易独占を擁護し,また人文主義精神にあふれる《マヌエル国王年代記》(1566)を著したが,71年宗教裁判所から異端のかどで告発され,悲劇的な最期を遂げた。【金七 紀男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴイス
ごいす
Damio de Gis
(1502―1574)

ポルトガルの人文主義者、歴史家。百科全書的な知識をもち、外交使節としてヨーロッパ各国を巡り、ルター、エラスムスらと親交を結んだ。その著『マヌエル王年代記』(1566~67)の大胆率直さが貴族の憤激を買い、1572年に異端者としてバタリャ修道院に監禁された。ラテン語によるいくつかの小品のほかに『ジョアン王子年代記』(1567)がある。[濱口乃二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴイスの関連キーワードユマニストロイヒリンカロリングルネサンスヒューマニストダンスリールネサンス合奏団サンナザーロジョアン[3世]バロスルネサンス演劇ルネサンス人文主義

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴイスの関連情報