コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンゴラ・イ・アルゴテ ゴンゴラ・イ・アルゴテ Góngora y Argote, Luis de

1件 の用語解説(ゴンゴラ・イ・アルゴテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンゴラ・イ・アルゴテ
ゴンゴラ・イ・アルゴテ
Góngora y Argote, Luis de

[生]1561.7.11. コルドバ
[没]1627.5.23. コルドバ
スペインの詩人。「文飾主義」で知られる。コルドバの名門の家に生れ,聖職についたが,宗教心は薄く,詩作と放蕩にふけった。 1617年,マドリードフェリペ3世の王室付き司祭となったが,宮廷生活になじめず,詩作もはかどらず,26年コルドバへ戻り,借金返済のため自作詩集の出版を思いついたが,精神病の発作に見舞われ,翌年死亡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴンゴラ・イ・アルゴテの関連キーワードゴンサロ・デ・コルドバコルドバ大聖堂哀しみのコルドバコルドバの大聖堂ハイド:コルドバの夕べ/piano soloモルドバ[国]コルドバ革コルドバ星図・星表コルドバ掃天星図・星表ヌエバ・コルドバ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone