コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文飾主義 ぶんしょくしゅぎ culteranismo

1件 の用語解説(文飾主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文飾主義
ぶんしょくしゅぎ
culteranismo

17世紀初期のスペインの詩人ゴンゴラ・イ・アルゴテとその一派の表現様式。「ゴンゴリズム」ともいう。スペイン南部アンダルシアの豊潤な風土に育ったセビリア派の詩風を発展させたもの。古典主義の静的な均整美にあきたらなかったゴンゴラは,多様な語彙,造語,難解な隠喩,あるいはラテン語から借用した語順転置などの方法によって従来の詩や言語の原理を破壊し,新たに,色彩と音楽性に富んだ多極的,流動的な詩世界を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文飾主義の関連キーワードアロンソ黄金世紀孤愁ゴンゴラ心の歴史スペイン伝奇集ポリフェモとガラテアの神話楽園の影12のスペイン舞曲スペインの時

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone