コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドバ コルドバ Córdoba, Josè María

9件 の用語解説(コルドバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルドバ
コルドバ
Córdoba, Josè María

[生]1799
[没]1829
コロンビア独立の英雄,軍人。ボヤカ (1819) ,アヤクチョの戦い (24) で軍功を立てたが,独立後の内乱で落命。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コルドバ
コルドバ
Córdoba

アルゼンチン中北部,コルドバ州の州都。首都ブエノスアイレスに次ぐアルゼンチン第2の大都市で,首都の北西約 600km,コルドバ山脈東麓にあり,プリメロ川に臨む。 1573年スペイン人によって建設され,イエズス会の布教活動の中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コルドバ
コルドバ
Córdoba

スペイン南部,アンダルシア自治州コルドバ県の県都。モレナ山脈の南麓,グアダルキビル川右岸に位置する。ムーア人支配の時代には銀細工,絹の刺繍やコードバン皮 (市の名に由来) で有名であったが,現在では酒造と織物工業が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コルドバ
コルドバ
Córdoba

メキシコ中部,ベラクルス州中部の都市。メキシコ市東南東約 250km,メキシコ高原南東端部東斜面にあり,標高約 920m。西方にメキシコ最高峰シトラルテペトル火山 (5700m) をのぞむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コルドバ(Córdoba)

スペイン南部の都市。古代ローマ時代から栄え、中世にはムーア人の後ウマイヤ朝の首都となり、ローマ橋などが残る。1984年コルドバ歴史地区」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。人口、行政区33万(2008)。
アルゼンチン中部の工業都市。大平原パンパ北西端部に位置する。1613年創立の大学などがある。人口、行政区143万、都市圏143万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

コルドバ

SFアニメ映画「クラッシャージョウ」に登場する宇宙戦艦。連合宇宙軍の巨大重巡洋艦。全長978.7メートル

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コルドバ【Córdoba】

アルゼンチン中北部,コルドバ州の州都。人口114万8305(1991)。パンパの農牧地帯の北西端に位置し,有数の農牧産品の集散地。第2次大戦後は自動車産業の中心地となり,工業都市へと変貌を遂げつつある。近傍の山間地帯には景勝地,保養地が多く,コスキンCosquínは民俗音楽祭の開催地として知られる。市は1573年スペイン人のカブレラJ.L.de Cabreraによって建設された。1613年イエズス会コルドバ大学を創立してからは,南米南部の文教の中心地となり,パラグアイのガスパールフランシアをはじめ多くの人材を世に送った。

コルドバ【Córdoba】

スペイン南部,アンダルシア地方中央部の同名県の県都。人口27万9386(1981)。グアダルキビル(古名バエティス)川北岸に立地し,同川にかかるローマ期の橋やイスラム期の壮大なモスク(スペイン語メスキータ)で知られる。セビリャマラガに次ぐアンダルシア第3の都市だが,近代産業と現代的な活気に乏しい。高級なめし革代名詞〈コードバンcordovan〉は,イスラム期コルドバの特産であった皮革製品の名声に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コルドバ【Córdova】

スペイン南部の古都。756年、後ウマイヤ朝の首都となり、以後300年間、中世学芸の中心として繁栄。イスラム文化の遺跡が多く、レコンキスタ以後キリスト教の大聖堂となったマグレブ様式の大モスクがある。
アルゼンチンの北部にある都市。アンデス山脈の東麓に位置する。自動車・機械工業が盛ん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルドバの関連キーワードサンタフェパンジャブパンパラプラタアルゼンチンタンゴコルドファン高原アルゼンチンワインドゴ・アルヘンティーノコルドバの大聖堂コルドバのイエズス会管区とエスタンシアス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルドバの関連情報