コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールデンワイザー Goldenweiser, Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴールデンワイザー
Goldenweiser, Alexander

[生]1880.1.29. キエフ
[没]1940.7.6. オレゴン,ポートランド
アメリカの文化人類学者。ロシアに生れ,1900年アメリカに移住。 F.ボアズ人類学を学んだのち,コロンビア大学で人類学を講じる。当時の人類学理論に優勢であった演繹的な文化・社会進化論を批判し,実態調査による帰納的,分析的,伝播論的研究に貢献 (→可能性制限の原理 ) 。文化の個性の研究,その心理的側面の研究といった方法論と宗教人類学部門を中心に開拓,発展させ,視野の広い研究を促進した。著書に『原始文明』 Early Civilization (1922) ,『人類学』 Anthropology (37) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴールデンワイザー
ごーるでんわいざー
Alexander A. Goldenweiser
(1880―1940)

アメリカの人類学者。ボアズ門下の一人で、ボアズの実証的な伝播(でんぱ)研究を継承し、フレーザーらの進化主義的研究を批判した。その文化概念においては、同じボアズ門下のクローバーらが唱える文化=超有機体説と、サピア、ローウィらの心理的実在説とを、調和統合すべきであると説いた。北アメリカの先住民集団イロコイの社会の調査を行ったが、彼の著作にあってはむしろ理論的な関心が優越している。彼の主著の一つ『トーテミズム――分析的研究』(1910)において、彼は、異なる部族文化に共通してみられる心理学的要因に着目しつつも、結論として、トーテム信仰なる独自の現象は存在しないとした。この結論はレビ(レヴィ)・ストロースによっても高く評価されている。また彼は、異なる文化にみられる、起源を異にし、また伝播にもよらない、類似した制度の説明として、文化的現象がとりうる変異には論理的に限りがあるという、限定された可能性の原理principle of limited possibilitiesを定式化した。[濱本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ゴールデンワイザー

生年月日:1880年1月29日
アメリカの人類学者
1940年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ゴールデンワイザーの関連キーワードラザール ベルマンゴウルデンワイザー生年月日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android