コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールドスミス Goldsmith, Oliver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴールドスミス
Goldsmith, Oliver

[生]1728.11.10. パラス
[没]1774.4.4. ロンドン
アイルランド生れのイギリスの詩人,劇作家,小説家。 S.ジョンソンを中心とする文学クラブの一員。ダブリンのトリニティ・カレッジを出て貧困のうちに放浪,ロンドンで文筆生活に入る。中国人の目で世相を風刺した随筆『世界市民』 The Citizen of the World (1762) で認められ,好人物の田舎牧師の一家を描く小説『ウェークフィールドの牧師』 The Vicar of Wakefield (66) で名声を得た。また,劇作にも筆を染め,喜劇『お人よし』 The Good-Natured Man (68) のあとの『負けるが勝ち』 She Stoops to Conquer (73) は,代表的な 18世紀喜劇として知られる。長編詩『旅人行』 The Traveller (64) ,農村の荒廃を歌った詩『荒村行』 The Deserted Village (70) も有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴールドスミス

英国の作家。アイルランドに牧師の子として生まれた。職を転々,気ままな貧乏暮しを続けたが,代表作の《ウェークフィールドの牧師》(1766年)のように牧歌的な小説を書き愛読された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴールドスミス【Oliver Goldsmith】

1730?‐74
イギリスの詩人,劇作家,小説家。牧師の子としてアイルランドに生まれ,ダブリンのトリニティ・カレッジに学び,後にエジンバラやオランダのライデンの大学で医学を修め,大陸を転々とし,1756年にロンドンに帰る。以後,下働き文筆家となり雑誌に寄稿する。エッセイストとしての最もまとまった活動は一連の〈中国人の手紙〉で,後に《世界市民》(1762)として出版される。中国人がヨーロッパの風俗についてコメントを加えるという趣向で,すでにモンテスキューなどによって用いられた方法である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴールドスミス【Oliver Goldsmith】

1728~1774) イギリスの詩人・小説家・劇作家。小説「ウェークフィールドの牧師」、詩集「寒村行」、戯曲「負けるが勝ち」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のゴールドスミスの言及

【ウェークフィールドの牧師】より

…イギリスの作家O.ゴールドスミスの小説。1766年刊。…

※「ゴールドスミス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴールドスミスの関連キーワードフェデレイテッド・デパートメント・ストアーズ[会社]サザランド(Graham Sutherland)アービング(Washington Irving)ゴールドスミス(Jerry Goldsmith)アレクサンダー・ガルシア デュットマンライリー(Bridget Riley)ハースト(Damien Hirst)コベント・ガーデン王立歌劇場マーシャル ゴールドスミスジェリー・ゴールドスミスジェニー バレンタインゴールドスミス・ノートマーガレット ハウエルアーサー ラップワースブリジット ライリーヘルムート ヤーンジュリアン オピーダミアン ハーストドン ゴルディーアイルランド文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android