コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールドスミス ゴールドスミスGoldsmith, Oliver

5件 の用語解説(ゴールドスミスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴールドスミス
ゴールドスミス
Goldsmith, Oliver

[生]1728.11.10. パラス
[没]1774.4.4. ロンドン
アイルランド生れのイギリスの詩人,劇作家,小説家。 S.ジョンソンを中心とする文学クラブの一員。ダブリンのトリニティ・カレッジを出て貧困のうちに放浪,ロンドンで文筆生活に入る。中国人の目で世相を風刺した随筆『世界市民』 The Citizen of the World (1762) で認められ,好人物の田舎牧師の一家を描く小説『ウェークフィールドの牧師』 The Vicar of Wakefield (66) で名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴールドスミス(Oliver Goldsmith)

[1728~1774]英国の詩人・小説家・劇作家。アイルランドの生まれ。小説「ウェークフィールドの牧師」のほか、詩「寒村行」、戯曲「お人よし」などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゴールドスミス

英国の作家。アイルランドに牧師の子として生まれた。職を転々,気ままな貧乏暮しを続けたが,代表作の《ウェークフィールドの牧師》(1766年)のように牧歌的な小説を書き愛読された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴールドスミス【Oliver Goldsmith】

1730?‐74
イギリスの詩人,劇作家,小説家。牧師の子としてアイルランドに生まれ,ダブリンのトリニティ・カレッジに学び,後にエジンバラオランダライデンの大学で医学を修め,大陸を転々とし,1756年にロンドンに帰る。以後,下働きの文筆家となり雑誌に寄稿する。エッセイストとしての最もまとまった活動は一連の〈中国人の手紙〉で,後に《世界市民》(1762)として出版される。中国人がヨーロッパの風俗についてコメントを加えるという趣向で,すでにモンテスキューなどによって用いられた方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゴールドスミス【Oliver Goldsmith】

1728~1774) イギリスの詩人・小説家・劇作家。小説「ウェークフィールドの牧師」、詩集「寒村行」、戯曲「負けるが勝ち」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のゴールドスミスの言及

【ウェークフィールドの牧師】より

…イギリスの作家O.ゴールドスミスの小説。1766年刊。…

※「ゴールドスミス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴールドスミスの関連キーワード見沼通船堀ゴンザ厚生局荻生徂徠クック虚空鈴慕銭大昕ハムラビピトー管平賀源内

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴールドスミスの関連情報