サイシン(読み)さいしん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイシン
さいしん / 細辛

ウスバサイシンまたはケイリンサイシンの地上部をできるだけ除いた根および根茎を用いた生薬(しょうやく)で、日本薬局方名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

サイシン

ウマノスズクサ科ウスバサイシンなどの根、根茎。解熱鎮痛作用があり生薬として使用される。表記は「細辛」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android