コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細辛 サイシン

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さいしん【細辛】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ウマノスズクサ科ウスバサイシン根茎(こんけい)と根を乾燥したもの。根は細く、舌を刺す刺激があることが名の由来。鎮咳(ちんがい)鎮痛解熱などの作用がある。風邪(かぜ)のひき始めによる鼻炎百日ぜきに効く小青竜湯(しょうせいりゅうとう)感冒気管支炎、慢性の咳(せき)に効く麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいしん【細辛】

ウスバサイシンの別名。また、その根・根茎を乾燥させた生薬。漢方で鎮咳・鎮痛薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

細辛 (サイシン)

植物。ウマノスズクサ科の常緑多年草,薬用植物カンアオイの別称

細辛 (サイシン)

学名:Asiasarum sieboldi
植物。ウマノスズクサ科の多年草

細辛 (ミラノネグサ)

植物。サイシンの古名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の細辛の言及

【カンアオイ(寒葵)】より

…種子には脂肪を含む付属体があり,アリが好んで運搬するアリ散布型の種子形態を有する。本州の伊豆から関東地方に分布し,江戸時代から園芸界では細辛(さいしん)の名で趣味的に栽培されていた。野生品の葉の形,斑紋,葉柄の色,花の色などに多くの変異があるので,それらの変りものが,園芸品種として珍重された。…

【フタバアオイ(双葉葵)】より

…日本や中国大陸に分布し,時には別属とされるサイシン類には本州から北九州の山地,中国大陸に分布するウスバサイシンA.sieboldii Miq.(イラスト)や,北海道やサハリンに分布するオクエゾサイシンA.heterotropoides Fr.Schum.,日本の中国,東北地方に分布するその変種のケイソンサイシンvar.mandshuricum (Maxim.) Kitagawaなどがある。それらの根茎を乾燥したものは細辛(さいしん)と呼ばれ,精油のユウゲノールeugenolやアサリニンasarininを含有し,芳香と辛みを有する。咳止め,発汗,胸痛などに用いられる。…

※「細辛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

細辛の関連キーワード当帰四逆加呉茱萸生姜湯苓甘姜味辛夏仁湯スミレサイシン薄葉細辛屠蘇散煎じ薬立効散寒葵白散