コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイバネティクス さいばねてぃくす

2件 の用語解説(サイバネティクスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サイバネティクス

米国の科学者Norbert Wiener氏とArturo Rosenblueth氏によって、1940年代に提唱された学問分野。生物と機械における制御と通信・情報処理を総合的に扱う。ギリシャ語の「Kysernetes(舵手)」に由来する。たとえば、人間の「走る」や「歩く」などの行動を機械に代行させ、コンピューターで分析し、生物の構造や運動機能、制御機能、感覚機能などを研究するもの。この研究により、サイボーグサイバースペースという概念が生まれた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイバネティクス
サイバネティクス
cybernetics

動物および機械における情報通信と制御作用を研究する科学。 1948年に N.ウィーナーが『サイバネティクス』を著わしたことから急に注目された。人間と機械に共通で本質的な問題をとらえ,特に脳・神経系の作用と,生理・肉体活動の関連を解析し,コンピュータと機械作業,情報通信と経済動向などに応用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイバネティクスの関連キーワードFASメーヤーAAAS米国科学者連盟科学者の道子供の科学日本科学者会議中山茂平田寛(1)《中国の科学と文明》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイバネティクスの関連情報