コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイバネティクス さいばねてぃくす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サイバネティクス

米国の科学者Norbert Wiener氏とArturo Rosenblueth氏によって、1940年代に提唱された学問分野。生物と機械における制御と通信・情報処理を総合的に扱う。ギリシャ語の「Kysernetes(舵手)」に由来する。たとえば、人間の「走る」や「歩く」などの行動を機械に代行させ、コンピューターで分析し、生物の構造や運動機能、制御機能、感覚機能などを研究するもの。この研究により、サイボーグやサイバースペースという概念が生まれた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイバネティクス
cybernetics

動物および機械における情報通信と制御作用を研究する科学。 1948年に N.ウィーナーが『サイバネティクス』を著わしたことから急に注目された。人間と機械に共通で本質的な問題をとらえ,特に脳・神経系の作用と,生理・肉体活動の関連を解析し,コンピュータと機械作業,情報通信と経済動向などに応用されている。研究範囲は数学,統計学,経済学,工学,生理学,心理学と幅広い。将来の展望としては,学習する機械,自己増殖する機械も考えられ,人工臓器,完全な義足義手などが完成しつつある。 (→生体工学 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サイバネティクスの関連キーワードミラー(George Armitage Miller)ランゲ(Oskar Richard Lange)ウィリアム ヒョーツバーグサイバネティク・アートテクノロジー・アートサイバネティックス非接触型ICカードフィードバック比較経済体制論サイバーパンク政治システムオートマトン数理心理学ドイッチュ行動科学情報美学バレラ宋 健

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android