コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイレントマジョリティー silent majority

翻訳|silent majority

デジタル大辞泉の解説

サイレント‐マジョリティー(silent majority)

声高に自分の政治的意見を唱えることをしない一般大衆。物言わぬ大衆声なき声。⇔ボーカルマイノリティー
[補説]米国大統領ニクソンが演説で使用した語。政策に対し一部に反対意見があっても、意思表示をしない大多数は肯定していると解釈したもの。日本では多く、政治家は物言わぬ大衆の願望に耳を傾けるべきだという気持ちをこめて使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サイレントマジョリティー【silent majority】

公の場で意思表示をすることのない大衆の多数派。1969年にアメリカ大統領ニクソンが、声高に政府批判をする者は少数派であるとする意をこめて言った語。物言わぬ大衆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイレントマジョリティーの関連情報