コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイレントマジョリティー silent majority

翻訳|silent majority

デジタル大辞泉の解説

サイレント‐マジョリティー(silent majority)

声高に自分の政治的意見を唱えることをしない一般大衆。物言わぬ大衆声なき声。⇔ボーカルマイノリティー
[補説]米国大統領ニクソンが演説で使用した語。政策に対し一部に反対意見があっても、意思表示をしない大多数は肯定していると解釈したもの。日本では多く、政治家は物言わぬ大衆の願望に耳を傾けるべきだという気持ちをこめて使われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

サイレントマジョリティー【silent majority】

公の場で意思表示をすることのない大衆の多数派。1969年にアメリカ大統領ニクソンが、声高に政府批判をする者は少数派であるとする意をこめて言った語。物言わぬ大衆。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

サイレントマジョリティーの関連キーワードマジョリティー欅坂46少数派補説

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイレントマジョリティーの関連情報