コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウサンプトン島 サウサンプトンとう Southampton Island

2件 の用語解説(サウサンプトン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウサンプトン島
サウサンプトンとう
Southampton Island

カナダ北部,ハドソン湾の入口にある島。 1613年トマス・バトンによって発見された。面積約4万 km2。ほぼ三角形をしており,北部は標高 600mほどの高地だが,南部は低地となる。河川は深い峡谷を刻んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウサンプトン島
さうさんぷとんとう
Southampton Island

カナダ北部、ヌナブート・テリトリー東部の島。面積4万1213平方キロメートル。ハドソン湾と北のフォックス湾とを境する。西のカナダ本土とはローズ・ウェルカム海峡で隔てられる。北東部に標高500メートル近い高地があるが、多くはハドソン湾南岸の構造平野につながる低地。北東部で礫質(れきしつ)ツンドラである以外は、灌木(かんぼく)、地衣ツンドラ地域。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サウサンプトン島の関連キーワードハドソンハドソン川ハドソン湾ハドソン湾会社バフィン島ラブラドルハドソン課金ハドソン料金ハドソンの法則ネルソン[川]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone