コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウサンプトン島 サウサンプトンとうSouthampton Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウサンプトン島
サウサンプトンとう
Southampton Island

カナダ北部,ハドソン湾の入口にある島。 1613年トマス・バトンによって発見された。面積約4万 km2。ほぼ三角形をしており,北部は標高 600mほどの高地だが,南部は低地となる。河川は深い峡谷を刻んでいる。中心の集落はサウス湾の湾奥にあるコーラルハーバーで,その北西方にカナダ騎馬警察隊の基地,空港,気象観測所がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウサンプトン島
さうさんぷとんとう
Southampton Island

カナダ北部、ヌナブート・テリトリー東部の島。面積4万1213平方キロメートル。ハドソン湾と北のフォックス湾とを境する。西のカナダ本土とはローズ・ウェルカム海峡で隔てられる。北東部に標高500メートル近い高地があるが、多くはハドソン湾南岸の構造平野につながる低地。北東部で礫質(れきしつ)ツンドラである以外は、灌木(かんぼく)、地衣ツンドラ地域。[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サウサンプトン島の関連キーワードフォックス海盆

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android