コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウサンプトン島 サウサンプトンとうSouthampton Island

2件 の用語解説(サウサンプトン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウサンプトン島
サウサンプトンとう
Southampton Island

カナダ北部,ハドソン湾の入口にある島。 1613年トマス・バトンによって発見された。面積約4万 km2。ほぼ三角形をしており,北部は標高 600mほどの高地だが,南部は低地となる。河川は深い峡谷を刻んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウサンプトン島
さうさんぷとんとう
Southampton Island

カナダ北部、ヌナブート・テリトリー東部の島。面積4万1213平方キロメートル。ハドソン湾と北のフォックス湾とを境する。西のカナダ本土とはローズ・ウェルカム海峡で隔てられる。北東部に標高500メートル近い高地があるが、多くはハドソン湾南岸の構造平野につながる低地。北東部で礫質(れきしつ)ツンドラである以外は、灌木(かんぼく)、地衣ツンドラ地域。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone