コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造平野 こうぞうへいやstructural plain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造平野
こうぞうへいや
structural plain

古い地層 (古生層,中生層) がほとんど地殻変動を受けず,水平な状態を保ち続け,長い間の浸食を受けてつくられた広い平坦な低地。比較的水平な硬軟互層が浸食されると軟弱な岩層は削剥されて下位の硬い岩層の平坦な表面が現れる。地殻運動の激しくない大陸地域に分布し,日本のような造山帯には存在しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

構造平野【こうぞうへいや】

より古い地質時代に堆積した水平に近い地層がゆっくりと浸食を受けてできた大平原。地形的成因は浸食輪廻(りんね)の終地形として形成される準平原とは異なる。ヨーロッパ平原,北米の中央平原など。造山運動の激しかった日本などでは見られない。
→関連項目平野

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうぞうへいや【構造平野 structural plain】

古生代,中生代などの古い地質時代に堆積した,ほぼ水平な地層に規制されて生じた平たんな浸食地形。現在の地表面は最上層の堆積面でなく,浸食による削剝面である。地形が平たんで小起伏である主たる理由がほぼ水平な地質構造に起因するので構造平野という。大陸の核である楯状地(おもにカンブリア紀以前の結晶質岩石からなる)の周縁部には,古生代,中生代のほぼ水平な堆積岩が分布し,卓状地とよばれ,長い地質時代にわたって激しい造山運動を受けずにきたことを示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうぞうへいや【構造平野】

ほぼ水平な地層から成り、浸食によってつくられた緩やかに起伏する地形の広がる平野。安定陸塊に発達する。東ヨーロッパ平原・アメリカ中央平原など。 ⇔ 堆積平野

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

構造平野の関連キーワード東ヨーロッパ平原カナダ北極海諸島サウサンプトン島平野(へいや)アメリカ合衆国コラート高原北ドイツ低地北ドイツ平野マレー半島ワルシャワポーランド国中平野堆積平野洲本平野浸食平野カナダムン川地殻北川村落

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android