コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクレクール寺院 サクレクールジイン

2件 の用語解説(サクレクール寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サクレクール‐じいん〔‐ジヰン〕【サクレクール寺院】

Basilique du Sacré-Cœur》⇒サクレクール大聖堂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

サクレクールじいん【サクレクール寺院】

フランスの首都パリ、モンマルトルの丘に建つ、ロマネスク様式ビザンチン様式が融合した白亜の教会堂モスクイスラム寺院)のようなドームを持つ。この寺院はギベール・パリ大司教によって建設が提起され、建築家ポール・アバディ(Paul Abadie)のデザインにより1875年に建設が始まり、40年後の1914年に完成した。1870年の普仏戦争と、その翌年のパリコミューンの犠牲者の鎮魂のため計画されたといわれる。礼拝のために一般に開放されたのは、第一次世界大戦後の1919年のことである。エッフェル塔とともにパリ市内を見晴らせる観光名所として、完成直後から注目を集めた。◇「サクレクール寺院」(Basilique du Sacré-Cœur)は、「聖なる心臓」(聖心)を意味する教会で、フランス各地やベルギーフランス語圏などに多数ある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクレクール寺院の関連キーワードモンマルトル歌吹海ルノートルコンスタンティヌスの凱旋門サクレクール大聖堂テルトル広場フランスソワールЗайсан толгойフランスのぶどう収穫祭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サクレクール寺院の関連情報