ササラダニ(読み)ささらだに(英語表記)moss mites

日本大百科全書(ニッポニカ)「ササラダニ」の解説

ササラダニ
ささらだに / 簓蜱
moss mites
oribatid mites

節足動物門クモ綱ダニ目ササラダニ亜目(隠気門亜目)に属するダニの総称。自由生活性ダニ類の代表的なもので、土壌ダニ類のなかの一群として種数や個体数がもっとも多い。前胴体部の両側に1本ずつある感覚毛の形が簓(ささら)(竹の先を細かく裂いて食器などを洗うのに用いた道具)に似ているものが多いことから、ササラダニと名づけられた。体長0.2~1.5ミリメートル。原始的な種類は体が柔らかいが、多くは、あたかも甲虫のように堅い体皮に覆われ、褐色ないし黒色で、形態はきわめて変化に富む。もっとも好むすみかは森林の土壌で、落ち葉の下、コケの中、朽ち木などからみいだされる。

 生態系のなかでは落ち葉や落枝など植物遺体の分解者として重要な働きをしており、人畜にはまったく無害である。イレコダニ科、フリソデダニ科、ツブダニ科、オニダニ科など日本に100以上の科があり、600種以上が記録されている。採集にはツルグレン装置が用いられる。

[青木淳一]

『江原昭三編著『ダニのはなし――生態から防除まで(1)』(1990・技報堂出版)』『青木淳一著『日本列島ダニさがし――きみのそばにダニがいる』(1996・ポプラ社)』『青木淳一著『都市化とダニ――コンクリート建造物のコケに生息するササラダニ類』(2000・東海大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android