コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サスライアリ driver ant

翻訳|driver ant

世界大百科事典 第2版の解説

サスライアリ【driver ant】

膜翅目アリ科サスライアリ亜科Dorylinaeに属するアリの総称で,サスライアリ属Dorylusとヒメサスライアリ属Aenictusの2属からなり,アフリカからアジアの熱帯地方にかけて分布し,日本には西表島に小型のヒメサスライアリの1種が生息している。働きアリは複眼を欠くか,痕跡的な1個眼しかなく,サスライアリ属のものは多型で大型の兵アリから小型の働きアリまで連続した変異が見られるが,いずれも先端のよくとがった大あごをもっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サスライアリ
さすらいあり / 流離蟻
driver ant

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科サスライアリ属Dorylusの昆虫。アフリカやインドなどの熱帯地方に生息する。働きアリの数が約2000万匹に達する巨大なコロニーをつくるものもある。定まった巣をつくらず、働きアリ自身が覆いとなって、内部に女王や幼虫などを保護する。食物を求め、隊列を組んで広大な地域を移動する。このアリの通る所は、無脊椎(むせきつい)動物だけでなく、ときには小形の脊椎動物でさえも襲われて食い尽くされてしまう。なお、同様の習性をもつアメリカ大陸のグンタイアリは、分類学上は別の亜科であるグンタイアリ亜科に入れられている。[山内克典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサスライアリの言及

【アリ(蟻)】より

…アリが植物体をすみかとし,両者の間に特別な関係を生じたものをアリ植物といい,熱帯地方に見られる。 一つのコロニーに含まれている働きアリの数は日本産のクビレハリアリで約20匹,クロヤマアリでは数千匹,エゾアカヤマアリ(イラスト)で数万匹程度であるが,アフリカ産のサスライアリや中南米産のグンタイアリ(イラスト)には数百万匹に及ぶものがある。繁栄しているコロニーからは毎年羽アリ(有翅の雄アリや雌アリ)が生まれ,種類によってほぼ定まった時期に結婚飛行を行い交尾する。…

【社会性昆虫】より

…つまりコロニーは形式上家族または親族集団である。しかし集団サイズはきわめて大きくなることがあり,ミツバチで2万~5万,アフリカのサスライアリでは200万~2200万に達する。ただしその大半を占めるワーカーは,原則として不妊性なので,女王の体から分離して働く器官の役割を果たしているにすぎない。…

※「サスライアリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サスライアリの関連キーワードフィリップ カルデロンアリ(蟻)軍隊蟻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android