コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバイイ島 サバイイとう Savai'i Island

3件 の用語解説(サバイイ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバイイ島
サバイイとう
Savai'i Island

南太平洋,サモア最大の火山島。最高峰はシリシリ山 (1857m) 。コプラバナナカカオコーヒーを産し,木材加工工場もある。 1905年に大噴火があった。面積 1821km2。人口4万 4930 (1986推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サバイイ‐とう〔‐タウ〕【サバイイ島】

Savaii》南太平洋、サモア諸島西部の島。同諸島中最大の島で、首都アピアがあるウポル島と幅約20キロメートルの海峡を挟んで相対する。火山性の島で、活発な火山活動で生じた溶岩原が広がる。コプラ・バナナ・カカオを産する。主な町は東岸のツアシビ、南東岸のサレロロガ。サバイィ島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバイイ島
さばいいとう
Savaii Island

南太平洋、ポリネシア南西部、サモア諸島中最大の火山島。対岸のウポル島とともにサモア共和国をなす。旧称チャタムChatham島。東西77キロメートル、南北43キロメートル、面積1708平方キロメートル。島の最高峰シリシリSilisili山(1844メートル)は1905年に大爆発して溶岩流が12の村落を埋めた歴史がある。コプラ、カカオ、バナナを産出。人口4万7900(2003推計)。中心都市はツアシビTuasivi。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サバイイ島の関連キーワードアンデス山脈ガダルカナル島環太平洋火山帯サモア語サモア火山島ウポル[島]トゥトゥイラ[島]ハワイ[島]ヒバ・オア[島]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone