コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバイイ島 サバイイとうSavai'i Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバイイ島
サバイイとう
Savai'i Island

南太平洋,サモア最大の火山島最高峰はシリシリ山 (1857m) 。コプラ,バナナ,カカオ,コーヒーを産し,木材加工工場もある。 1905年に大噴火があった。面積 1821km2。人口4万 4930 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サバイイ‐とう〔‐タウ〕【サバイイ島】

Savaii》南太平洋、サモア諸島西部の島。同諸島中最大の島で、首都アピアがあるウポル島と幅約20キロメートルの海峡を挟んで相対する。火山性の島で、活発な火山活動で生じた溶岩原が広がる。コプラ・バナナ・カカオを産する。主な町は東岸のツアシビ、南東岸のサレロロガ。サバイィ島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバイイ島
さばいいとう
Savaii Island

南太平洋、ポリネシア南西部、サモア諸島中最大の火山島。対岸のウポル島とともにサモア共和国をなす。旧称チャタムChatham島。東西77キロメートル、南北43キロメートル、面積1708平方キロメートル。島の最高峰シリシリSilisili山(1844メートル)は1905年に大爆発して溶岩流が12の村落を埋めた歴史がある。コプラ、カカオ、バナナを産出。人口4万7900(2003推計)。中心都市はツアシビTuasivi。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サバイイ島の関連キーワードプレメレイ遺跡マタバヌ火山ウポル[島]マタバヌ山南太平洋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android