コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サブレー 〈フランス〉sablé

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

サブレー【sablé(フランス)】

小麦粉・バター・砂糖・などを混ぜ合わせた生地を、のばして型で抜くなどして成形し、オーブンで焼いた小型の洋菓子。クッキーとほぼ同じものをさすが、バターや卵の配合が多くぜいたくな風味の、さっくりとした食感のものをさす場合に用いることが多い。◇「砂」の意フランス語「sable」に由来する。さくさくとした食感が砂を想起させるからとも、生地の材料を混ぜるとき細かい粒状になるからともいわれる。「サブレ」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

サブレー【sablé】

〔砂の意〕
小麦粉・バター・卵黄・砂糖を混ぜてこね、型抜きして焼いた菓子。さくさくした歯ざわりがする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サブレーの関連キーワードトクマ・ノベルズEdgeベークドチーズケーキsub ranger幻冬舎アウトロー文庫幻冬舎時代小説文庫幻冬舎よしもと文庫PHP文芸文庫幻冬舎文庫モノラックビスケット鳩サブレー徳間文庫小麦粉

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サブレーの関連情報