コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラダナ lettuce

翻訳|lettuce

2件 の用語解説(サラダナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サラダナ【lettuce】

葉を生食するキク科の一,二年草。日本で昔から栽培されているチシャや最近洋菜としてサラダなどに多く用いられる結球性の玉レタスは,植物学的には同一種で,地中海東部地域で栽培化された。日本では,この玉レタスのなかで結球性が弱く頭部が完全に包合しない品種群をとくにサラダナと呼び,結球性の強いふつうの玉レタスとは区別している。日本への導入は明治・大正の時代からであるが,ふつうの玉レタスほどには消費は伸びていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラダナ
さらだな
[学]Lactuca sativa L.

キク科の一年草。根生葉を生食するため都市近郊で広く栽培される。チシャの系統で、根生葉は楕円(だえん)形、タマヂシャ(レタス)のように結球はせず、緩い半結球の状態となる。単にチシャというと本種をさす場合が多い。ワイヤヘッド、江戸川サラダナなどの品種がある。[星川清親]

食品

可食部100グラム中にカロチン1400マイクログラム、ビタミンC13ミリグラムを含む。とくにカロチンは結球型のレタスの10倍以上も含まれている。葉はきわめて柔らかく、サラダ用に最適で、鮮度の高いものは葉に光沢があり、鮮やかな緑色をしている。皿に敷いて料理の飾り付けにも用いる。最近需要が増え、一年中市場に供給されている。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサラダナの言及

【レタス】より

…チシャ,チサともいい,葉または茎を生食するキク科の一・二年草(イラスト)。一般に呼ばれている結球性のものだけでなく,日本で古くから栽培されていたものなども含めた総称名で,その利用部分や形態から立レタス,茎レタス,葉レタス,玉レタスに分類される。このうち日本で最近多く栽培されているのは玉レタスである。また近年,栽培出荷されるようになったサニーレタスは葉レタスの仲間である。以前から農家の庭などで栽培されていた,葉をかきとって食用にしたカキレタスは立レタスに,根生葉を利用した小型のレタスは葉レタスに所属する。…

※「サラダナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サラダナの関連キーワードアスターカミツレアゲラタム二年草アンディーブ春菊オイスタープラントペピーノキクフダンソウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone