サラッカヤシ(読み)さらっかやし

  • Salacca

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤシ科(APG分類:ヤシ科)サラッカ(サラカヤシ)属16種の総称。インド、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、フィリピン原産で、1種を除いてほかの15種は食用とはならない。食用となるサラカヤシ(アマミサラッカ)S. zalacca Voss.(S. edulis Reinw.)はインド、ミャンマー、インドネシア原産。属名のサラッカは本属の現地語名で、種名のエデュリスは食用の意味。幹茎のない叢生(そうせい)ヤシで、根は匍匐(ほふく)する。葉は披針(ひしん)形で長さ1.5~5メートル、鮮緑色で光沢があり、葉柄と葉の中軸に強い刺(とげ)を密生。葉間に肉穂花序をつける。雌雄異株。雄花は赤色で、不稔(ふねん)の雌しべがあり、雌花は黄色で、無精の雄しべがある。果実は完熟すると容易に剥脱(はくだつ)する赤褐色の鱗皮(りんぴ)で覆われ、洋ナシを逆さにした形で長さ3~8センチメートル、ブドウに似た甘味がある。1果に1~3個の褐色の種子がある。栽培は多湿土壌がよく、温度は13℃以上とする。サラッカ属一般では、雄株には雄花、雌株には雄花と雌花または両性花があり不規則花で、雄しべは6本、花弁は革質で披針形、雄しべには葯(やく)の有無がある。

[佐竹利彦 2019年4月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android