サラール(撒拉)族(読み)サラールぞく(英語表記)Sa-la

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラール(撒拉)族
サラールぞく
Sa-la

サラ族ともいう。中国青海省シュンホワサラール (循化撒拉) 族自治県を中心に居住する少数民族で,人口約8万 6000 (1990) 。イスラムの影響を受けており,形質的にはコーカソイドの特徴をもち,言語的にはチュルク語系の子孫で,青海省には明代に入り込んだと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サラール(撒拉)族【サラールぞく】

中国,青海省南東部の黄河畔地域を中心に居住する民族。言語はウイグル語ウズベク語に近い。祖先は元代にサマルカンド地方から移住したという伝承をもつ。自称〈サラール〉は〈を振るう者〉ので,元・明代に軍事力に利用された。イスラム教を信仰し女性は一種ベールを被る。畑作農業主体園芸商業に従事する。約8万7000人(1990)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報