コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラール(撒拉)族 サラールぞくSa-la

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラール(撒拉)族
サラールぞく
Sa-la

サラ族ともいう。中国青海省シュンホワサラール (循化撒拉) 族自治県を中心に居住する少数民族で,人口約8万 6000 (1990) 。イスラムの影響を受けており,形質的にはコーカソイドの特徴をもち,言語的にはチュルク語系の子孫で,青海省には明代に入り込んだと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サラール(撒拉)族【サラールぞく】

中国,青海省南東部の黄河畔地域を中心に居住する民族。言語はウイグル語ウズベク語に近い。祖先は元代にサマルカンド地方から移住したという伝承をもつ。自称〈サラール〉は〈剣を振るう者〉の意で,元・明代に軍事力に利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android