コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラール(撒拉)族 サラールぞく Sa-la

2件 の用語解説(サラール(撒拉)族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラール(撒拉)族
サラールぞく
Sa-la

サラ族ともいう。中国青海省シュンホワサラール (循化撒拉) 族自治県を中心に居住する少数民族で,人口約8万 6000 (1990) 。イスラムの影響を受けており,形質的にはコーカソイドの特徴をもち,言語的にはチュルク語系の子孫で,青海省には明代に入り込んだと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サラール(撒拉)族【サラールぞく】

中国,青海省南東部の黄河畔地域を中心に居住する民族。言語はウイグル語ウズベク語に近い。祖先は元代にサマルカンド地方から移住したという伝承をもつ。自称〈サラール〉は〈剣を振るう者〉の意で,元・明代に軍事力に利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

サラール(撒拉)族の関連キーワード青海サラール語青海湖晒し飴亜族青海省マルサラワイン大サラセミアアムネマチン[山]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone