コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サレジオ会 サレジオかいSocietas St. Francisci Salesii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サレジオ会
サレジオかい
Societas St. Francisci Salesii

1859年 G.M.ドン・ボスコが,イタリアのトリノにサルのフランソアの精神にのっとって創立したカトリック修道会。 74年教皇の認可を受ける。貧しい青少年の教育を主眼として急速に全世界に発展し,現在ではイエズス会,フランシスコ会に次ぐ大組織。女子修道会は 72年ドン・ボスコと M.マザレロにより,第三会は 75年ドン・ボスコにより創立された。日本には 1926年に渡来し,宮崎を中心に布教,東京に育英工業高等専門学校,大阪に星光学院などを経営。またドン・ボスコ社より多くの書物を刊行している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

サレジオかい【サレジオ会】

カトリック修道会の一。1859年ドン=ボスコ(Don G. Bosco1815~1888)により青少年の教育を目的に設立。保護聖人フランシスコ=サレジオ(F. Salesio1567~1622)の名にちなむ。ドン=ボスコ会。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サレジオ会
されじおかい
Societas Salesianaラテン語

青少年のキリスト教教育を目的とする修道会。創設者ドン・ボスコにちなみ、ドン・ボスコ会Societas Don Bosco(略称SDB)ともいう。1859年、聖フランシスコ・サレジオを保護の聖人として、イタリアのトリノに設立され、孤児院経営や青少年教育、出版事業を中心に活動を始めた。その教育理念は、理性、宗教、愛情を基礎に、家庭的な教育共同体のなかで、有効なあらゆる手段を用いて人格の形成に導いてゆくというもので、その活動は急速に広まり、在俗協力者もあわせ、現在70余か国で数十万人が活動している。日本にも1926年(大正15)に渡来し、九州日向(ひゅうが)学院、東京育英学院などの教育施設や、出版社ドン・ボスコ社を経営している。[鶴岡賀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサレジオ会の言及

【ドン・ボスコ】より

…とくに不幸な青少年のキリスト教的教育に献身することを決意し,46年トリノ市郊外バルドッコにおよそ700人の青少年の村を設立した。この教育事業の世界拡大のために,ボスコは同志とともに59年12月18日サレジオ会Societas Sancti Francisci Salesiiを創立し,これをピウス9世は68年3月1日正式に認可した。彼の修道会は世界各地に発展し,青少年教育に奉仕しているが,その会員は1982年現在1万6915,日本でも128名が小・中・高や短大,そのほか養護施設などで働いている。…

※「サレジオ会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サレジオ会の関連キーワードジャン・ベルトラン アリスティドチマッティ ビンチェンツォカトリック教会アリスティドドン・ボスコシャンボンマカス

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サレジオ会の関連情報