コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サロッド サロッド sarod

翻訳|sarod

4件 の用語解説(サロッドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サロッド
サロッド
sarod

インド撥弦楽器アフガニスタンラバーブに似ている。羊皮を張った木製の胴に,金属板の指板をもつ。フレットはなく,義甲でもって演奏される。弦は金属性で,ドローンを含む主弦が7本と,11~12本の共鳴弦をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サロッド(〈ヒンディー〉sarod)

北インドの撥弦楽器。円形の革張りの胴にフレットなしの金属を張った棹(さお)がつく。弦は金属製の8本の主要弦および共鳴弦を張り、義甲で演奏する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サロッド【sarod】

北インドの撥弦はつげん楽器。革張りの胴に、金属張りのフレットなしの棹さおが付く。弦は金属で、六本ないし八本、他に共鳴弦がある。椰子殻やしがら製の撥ばちで奏する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サロッド
さろっど
sarod

北インドのリュート型撥弦(はつげん)楽器。一木製で、全長約95~150センチメートル、金属製の指板がついた細長い棹(さお)と羊の皮を張った直径約30センチメートルの円形の胴をもつ。フレットはなく、胴と棹の境目には5センチメートルほどのくびれがある。棹の上部裏側にヒョウタンなどの共鳴器をつけることもある。現在では、主要弦8本、リズム、ドローン用のチカリ弦2本、共鳴弦15本。すべて金属製。主要弦8本のうち4本は主音と完全5度の関係に、残りはラーガ(旋法)に従って調律する。音域は約3オクターブ。ほとんど真横に構え、小さな義甲(象牙(ぞうげ)製など)で演奏する。本来は古典音楽の独奏楽器であったが、近年シタールなどとの協奏様式が発達した。西アジアのウードと深い関連があるといわれている。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロッドの関連キーワードターラ青森県八戸市北インター工業団地パカワージヤショーバルマン北イエメン北イスラエル王国北イタリア北イタリア都市問題北イングランド高地《北インドのカースト制度》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone