コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンギヘ諸島 サンギヘしょとうKepulauan Sangihe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンギヘ諸島
サンギヘしょとう
Kepulauan Sangihe

サンギル Sangir諸島ともいう。インドネシア,スラウェシ (セレベス) 島の北東端から北方に連なる火山島群。セレベス海モルッカ海を分ける。サンギヘ (サンギル) ,シアウ (シアム) ,ビアロなどの島から成る。サンギヘ島のアウ火山 (1850m) は活発な活動で知られる。スラウェシウタラ州に属する。中心町はタフナ。総面積 1056km2。人口は北東方のタラウド島と合せて 23万 8000 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンギヘ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【サンギヘ諸島】

Kepulauau Sangihe》インドネシア北東部、スラウェシ島の北東沖に浮かぶ諸島。西はセレベス海、東はモルッカ海に面し、主島サンギヘ島をはじめシアウ島、ビアロ島、タフランダン島などが南北に連なる。サンギヘ島に同諸島の中心地タフナ、および活火山のアウ山がある。サンギル諸島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンギヘ諸島
さんぎへしょとう
Kepulauau Sangihe

インドネシア、スラウェシ島北東岸沖にある諸島。サンギヘ島を主島としてシアウSiau島、ビアロBiaro島などの島々が南北に連なる。西はセレベス海、東はモルッカ海に面する。面積816平方キロメートル、人口約20万。いずれも火山島で、サンギヘ島北部には、1640年以降しばしば噴火し多くの死者を出したアウ火山(1320メートル)がそびえる。土地は肥沃(ひよく)で、コプラ、大麻、米などを産する。住民はミナハサ系の人々で、キリスト教徒が多い。中心集落はサンギヘ島のタフナTahuna。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サンギヘ諸島の関連キーワードモルッカ海峡アピ火山