コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンギヘ諸島 サンギヘしょとうKepulauan Sangihe

3件 の用語解説(サンギヘ諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンギヘ諸島
サンギヘしょとう
Kepulauan Sangihe

サンギル Sangir諸島ともいう。インドネシアスラウェシ (セレベス) 島の北東端から北方に連なる火山島群。セレベス海モルッカ海を分ける。サンギヘ (サンギル) ,シアウ (シアム) ,ビアロなどの島から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サンギヘ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【サンギヘ諸島】

Kepulauau Sangihe》インドネシア北東部、スラウェシ島の北東沖に浮かぶ諸島。西はセレベス海、東はモルッカ海に面し、主島サンギヘ島をはじめシアウ島、ビアロ島、タフランダン島などが南北に連なる。サンギヘ島に同諸島の中心地タフナ、および活火山アウ山がある。サンギル諸島

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンギヘ諸島
さんぎへしょとう
Kepulauau Sangihe

インドネシア、スラウェシ島北東岸沖にある諸島。サンギヘ島を主島としてシアウSiau島、ビアロBiaro島などの島々が南北に連なる。西はセレベス海、東はモルッカ海に面する。面積816平方キロメートル、人口約20万。いずれも火山島で、サンギヘ島北部には、1640年以降しばしば噴火し多くの死者を出したアウ火山(1320メートル)がそびえる。土地は肥沃(ひよく)で、コプラ、大麻、米などを産する。住民はミナハサ系の人々で、キリスト教徒が多い。中心集落はサンギヘ島のタフナTahuna。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone