コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンギヘ諸島 サンギヘしょとう Kepulauan Sangihe

3件 の用語解説(サンギヘ諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンギヘ諸島
サンギヘしょとう
Kepulauan Sangihe

サンギル Sangir諸島ともいう。インドネシアスラウェシ (セレベス) 島の北東端から北方に連なる火山島群。セレベス海モルッカ海を分ける。サンギヘ (サンギル) ,シアウ (シアム) ,ビアロなどの島から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サンギヘ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【サンギヘ諸島】

Kepulauau Sangihe》インドネシア北東部、スラウェシ島の北東沖に浮かぶ諸島。西はセレベス海、東はモルッカ海に面し、主島サンギヘ島をはじめシアウ島、ビアロ島、タフランダン島などが南北に連なる。サンギヘ島に同諸島の中心地タフナ、および活火山アウ山がある。サンギル諸島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンギヘ諸島
さんぎへしょとう
Kepulauau Sangihe

インドネシア、スラウェシ島北東岸沖にある諸島。サンギヘ島を主島としてシアウSiau島、ビアロBiaro島などの島々が南北に連なる。西はセレベス海、東はモルッカ海に面する。面積816平方キロメートル、人口約20万。いずれも火山島で、サンギヘ島北部には、1640年以降しばしば噴火し多くの死者を出したアウ火山(1320メートル)がそびえる。土地は肥沃(ひよく)で、コプラ、大麻、米などを産する。住民はミナハサ系の人々で、キリスト教徒が多い。中心集落はサンギヘ島のタフナTahuna。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンギヘ諸島の関連キーワードサンギル諸島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone